Japan car from Zhuan Athletic League
  • HOME
  • CYCLOCROSS
  • NEWS
  • カンセキ presents 2018宇都宮シクロクロス(UCI-2) Day2 結果
2018/12/16

カンセキ presents 2018宇都宮シクロクロス(UCI-2) Day2 結果

カンセキ presents 2018宇都宮シクロクロス(UCI-2)の2日目のレースが12月16日(日曜日)栃木県宇都宮市 道の駅うつのみやろまんちっく村特設コースで行われた。

男子エリートは59名が出走。スタートはオーストラリアチャンピオンの Chris JONGEWAARD (Flanders-Nemisis)がホールショットを奪うが、その後前日メカトラで2位に甘んじたスペインのFelipe ORTSLLORET (DELIKIA – GINESTAR) がトップに立つと前日優勝したフランスチャンピオンのSteve Chainel (TEAM CHAZAL CANYON)すら置き去りにしてしまうほどのスピードでリードを広げる。3位争いは全日本チャンピオンの前田 公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)とJONGEWAARDが、5位争い BRADFORD-PARISH Kevin(SETcoching pb FSA)と織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)が。7位争いは小坂 光(Utsunomiya Blitzen Cyclocross team)と沢田 時(TEAMBRIDGESTONECycling)When、各ポジションでバトルが見られた。
最終的にFelipe ORTSLLORETがSteve Chainelを約1分引き離しバイクを高々と掲げてゴール。3位には最終周に前田を引き離したJONGEWAARDが入った。8周回となったレースの完走者はわずか10人だった。

女子エリートは17人が出走。ホールショットは今井 美穂(CO2bicycle)。しかし前日と同じく3段坂を乗車でクリアした松本 璃奈(TEAMSCOTT)がリードしてそれを今井が追う展開。その後ろでは唐見 実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)と福田 咲絵(AXcyclocrossteam)が3位を争う。しかし今井が杭に引っかかってしまいリヤタイアが外れるトラブルで遅れ、唐見と福田のバトルは2位争いとなった。前日同様松本は笑顔のまま後続を引き離し、ゴールでバイクを高々と掲げた。2位にはバトルを制した福田。3位は唐見となった。

UCIレースの結果は以下の通り

Men's Elite (8周回)
1. Felipe ORTSLLORET (DELIKIA – GINESTAR) ESP 57:38
2. Steve Chainel (TEAM CHAZAL CANYON) FROM -58
3. Chris JONGEWAARD (Flanders-Nemisis) OUT -2:01

Women's Elite (5周回)
1. 松本 璃奈(TEAM SCOTT)44:37
2. 福田 咲絵(AX cyclocross team)-2:15
3. 唐見 実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)-2:30

UCIレース以外の結果は後ほど掲載します。