Japan car from Zhuan Athletic League
2015/01/26

Cyclocross W Cup Hoogerheide tournament <report>

Kazuhiro YamamotoLast year the venue of the world championship was held。
Courses are combined pasture of Hijoni heavy road surface and the long paved road、A tough race was expected。
<Elite>
Yamamoto suffered heavy road surface from the beginning、It is impossible to raise the quite pace。
Among such、Top players are ahead of the pack in the Hijoni fast pace helped the local cheer。
Including leading players、Yamamoto will result in more than half of the players is lowered it became -5LAP。
Also、Takenouchi also resulted in the -6LAP。
1.Mathieu van der Poel (DOWN) 1:08:38
59.Kazuhiro Yamamoto -5LAP
64.Yu Takenouchi -6LAP

竹内遼<Junior>
山田は良いスタートをきったものの、重い路面に梃子摺り次第に順位を落としてしまった。
中盤リズムを取り戻したが前半の遅れを取り戻せず-1Lapでレースを終えた。
一方、竹内は1周目に出遅れてしまったものの、良いペースでレースを展開。
最後まで集中した走りができ56位フィニッシュ、世界選手権に向けての好走であった。
1.ISERBYT Eli (BEL) 0:37:40
56.竹内  遼 +4:48
71.山田 将輝 -1LAP
横山はひじょうに良いスタートをきったが、最初の泥区間で落車した選手の足止めにあってしまい大きく順位を落とすことになってしまった。
遅れを取り戻すべく力走を続けたが、重い路面に苦しみ-2lapでレースを終えた。
前田は体調を勘案し、世界選手権にむけて万全を期すためスタートを見合わせた。(澤田 雄一)
1.SWEECK Laurens (BEL) 0:52:02
45.横山 航太 -2LAP
DNS 前田 公平