日本自転車競技連盟
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • ジャパンカップサイクルロードレース/UCI 1.HC
2018/10/21

ジャパンカップサイクルロードレース/UCI 1.HC

日時:10月21日
場所:栃木県宇都宮市
距離:144㎞
代表チームメンバー:草場啓吾、石上優大、大前翔、石原悠希、渡辺歩、松田祥位
参加国数:29か国
参加者数:123人
参加チーム数:21チームレース結果
1 POWER Robert (オーストラリア/ミッチェルトン・スコット)3h44m00s
2 TOLHOEK Antwan(オランダ/チーム・ロットNL・ユンボ)+0s
3 BRESCHEL Matti(デンマーク/チーム・EFエデュケーション・ファースト・ドラパック)+40s
…17石上優大+2m26s、29松田祥位+5m09s、48渡辺歩+8m16s、49草場啓吾+8m20s
石原悠希、大前翔は途中棄権
完走69人/出走123人

コメント
国内最高峰のロードレースジャパンカップにジャパンナショナルチームとしてU23メンバーを構成し参加。先週大分アーバンクラッシックで優勝した石上の10位以内入賞を目標にレースをスタートした。例年より人数が多い分集団内の位置取りなど容易ではないが、予想通りのレース展開のなか、終盤に形成された約20名のグループに石上が残り勝負に加わった。しかしゴールでは7名の海外プロ選手の先行を許し、8位以下争いの小グループで17位でのゴールとなった。目標には少し届かなかったが、昨年とのレース内容の比較でも石上自身の成長とU23メンバーの中でも若手メンバーの粘りが感じられる結果となった。U23ナショナルチームは良い形でシーズン最終戦を終え、来期の好スタートに向けて早速準備を進めて行きたい。/浅田 顕