Japon voiture de Zhuan Athletic League
2010/08/09

Rapport Championnats du monde juniors sur piste

トレーニング前Maintenant, pour le 2e but de co-habitation、Les joueurs obtiennent aussi fatigué de Voyage est lumineux、Il est amusant figure visible la conversation。Aujourd'hui 17:00De 19:00Depuis le temps de formation sur les pistes de la piste sont attribuées à、Dans la matinée、Monter légèrement pendant environ une heure sur une table à rouleaux、Cabanon sueur。Pratique à la piste 20 minutes rondes 2 tiret après、250m Démarrer、500m vol a été effectué respectivement。Être utilisé pour les caractéristiques du stade de disque de roue et planking avant、Il semble fonctionner la façon dont il est devenu lisse。
練習時間において、どのチームも20分周回を行ってからチームごとのトレーニングを行う形であり。コーチ間でお互いに競技場の使用を譲り合ってメニューを消化していく。フランスおよびベルギーチームはチームパシュートに関するトレーニングが多く、このメニューの考え方は日本で遅れている中距離種目でのジュニア育成の参考となるだろう。周回練習に関しても各国ごとに考え方が違い、軽ギアで行うチーム、試合に近いギアで行うチームとさまざまであった。日本国内大会ではギア比に制限があるが、海外大会ではギア比の制限がない。女子選手であっても51×15程度のギアを踏み切る事実を目の当たりにすると、身体が出来上がってきたジュニア選手にまでもギア比制限を設けている日本国内大会での意味をさらに理解する必要性を強く感じた。
また今回の遠征ではSRMパワーメータを利用し、データ獲得を試みている。このデータからも初日より2日目の速度やパワー曲線が滑らかになっており、選手たちの走りの変化が伺えてきている。彼らの競技場への更なる対応の早さに期待したい。
(Charge de la piste de l'entraîneur Takayuki Sato)