Japon voiture de Zhuan Athletic League
2010/08/12

Rapport Championnats du monde juniors sur piste

ヴェロドロームTournoi le premier jour、Japon équipe Sakamoto、Ito、Il a commencé à partir du sprint par équipe admissible Kimura。Sakamoto personne influente du dernier mois du sprint et sprint par équipe interscolaire victoire。En outre Ito、Kimura Japon Keirin élève de l'école。Était une des configurations de membres qui peuvent très prometteur。La vitesse ne se lève pas dès le début Sakamoto est prééminente dans le premier coureur、Pour Ito。Impossible nouvelle accélération de ceux légèrement accéléré à Ito、Après que Kimura de la troisième course、D'une certaine manière Kimura tenir le coup, mais 48.289 secondes。Première place qualificative juniors nouveau record de 45.908 secondes dans l'équipe de France。La croissance dans la seconde moitié depuis le début exceptionnelle du premier coureur farouchement、2aller、3Outright connexion à la course reste de son élan、Il a été exécuté pour mettre à jour le record du monde junior en finale (45.608 secondes)。
世界との力の違いをまざまざと見せ付けられるレースであり、今までの考え方を根本から変えていかなければ、世界と戦う舞台に上がれないことが再確認できた。試合後、選手たちもこの力の違いを感じ、自分たちの走りを即時にビデオで確認し、今後のレースに活用しようとする姿が見られた。少しずつではあるが、このように考えながら走れる選手の育成が急務であろう。
スクラッチに出場した一丸は予選を12位で突破し、決勝へと進んだ。決勝では終始逃げ切りを決めようとする選手が多く、日本の多くのレースのようにゴール勝負だけに備える選手は皆無に近かった。一丸も逃げに乗ろうとするが、なかなか逃げ出せずにいた。ラスト12周でロシア選手が一気に逃げ出し、そのまま集団をラップして優勝。一丸はこのロシア選手を追おうとするが途中でやめ、集団へもどりそのままゴール勝負で14位。レース全体を通して、各国ともに高ギア、高回転であり、多くの戦術を使いこなす。日本選手が高ギアを踏み切れずにいると、単独の逃げや多くの戦術を使いこなせずに戦術の単調さが起こり、外国選手たちとのパワーの差以外でも勝てなくなるだろう。さらに戦術の一つかもしれないが、先頭交代時に一気に後方まで下がるのではなく、先頭から5番目あたりを常に維持する能力がなければ、ゴール勝負には参加できない。今回出場した一丸は昨年末から高ギアでのトレーニングを続けてきているが、それでもまだまだ間に合わない。今回のレースでの反省を活かし、明後日からオムニアムでの大活躍を期待したい。明日はスプリントに坂本、Ito、木村が出場する。
(Charge de la piste de l'entraîneur Takayuki Sato)

試合後