日本自転车竞技连盟
2010/08/05

青年路世锦赛报告(8月4日)

ベルギー選手スタッフと記念撮影8月3日(火)にスタッフ3名(坂井田・柿木・大野)と選手2名(長瀬・福本)は、12時25分成田発の便でイタリアに向けて出発した。12時間30分のフライトで現地時間午後5時55分に無事ローマのフィウミチーノ空港に到着した。空港では早速、預けたはずの福本のバックが行方不明になるトラブルなどがあり、レンタカーを借りて空港を出発したのが午後8時を過ぎた頃。ローマから高速道路を走り約250km離れたロード会場近くのホテルに着いたのが午後11時半頃で、日本からの移動時間は18時間ほどかかり、この日は皆すぐに休んだ。

8月4日(水)は遅めの朝食を取り、午前中は自転車の組立や捕食などの買い出しにスーパーへ行き、午後は4時頃からコースの下見を兼ねて練習に行った。朝方は雷雨だったがお昼頃には天気も回復し、日差しはきついものの湿度が低く最高気温も28℃ほどで快適な気候だ。選手は移動の疲れも見せず元気にロード練習をした。明日は午前中に監督会議などの公式行事があるが、午後はまた練習に出る予定だ。(監督 坂井田)