日本自転車競技連盟
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • ツアーオブジャパン第3ステージレポート
2013/05/22

ツアーオブジャパン第3ステージレポート

1周約12㎞の山岳周回コースを12周する厳しいステージ。今大会の中では個人総合成績が大きく動く重要な一日。
6人のメンバーの中、初日から体調不良の黒枝は状態が回復しないので出走させなかった。
JAPANチームはまず自力で30人に残ることを課題とし、そこからはレース展開に応じることとした。
実力と脚質的には全員にクリアできる能力があると考えたが、序盤からの先行グループも含め、約30名に絞られた中盤の登りでのペースアップには木村が何とか残りレースは後半へ入った。レースは本格的に活性化する中、木村は後追いの位置に取り残され気味になりゴールではトップから約10分遅れての29位となった。
他の4人は17分遅れの大きなグループでゴールした。今日のレースは2段階のフィルターにかけられた。1段階目は約30人に残ること、2段階目は10人前後の勝負に加わること。この2つをクリアすると総合上位に残れることになるだろう。(浅田 顕)
5月22日 第3ステージ 長野県飯田市
148㎞
ステージ成績
1位 DE NEGRI Pierpaolo ITA/VINI FANTINI 3h52m40s
2位 BALIANI Fortunato ITA/NIPPO-DE ROSA +0s
3位 ARREDONDO Julian David COL/NIPPO-DE ROSA +0S
29位 木村 圭佑 +10m10s
44位 山本  隼
61位 秋丸 湧哉
63位 寺崎 武郎
66位 和田  力 +17m55s

第3ステージ終了時点個人総合成績
1位 ARREDONDO Julian David COL/NIPPO-DE ROSA 7h55m40s