Japan Auto vom Zhuan Athletic League
2013/05/25

ツアーオブジャパン第5ステージレポート

日本サイクルスポーツセンターのサーキットと競輪学校の構内道路を組み合わせた12㎞のコースを12周する厳しいステージ。
個人総合成績が本命チームでほぼ決まりつつあり、逆転を狙う大きな攻撃もなさそう。
JAPANチームはステージ成績6位以内に付与されるUCIポイント獲得を狙うステージとして、ステージ優勝狙いのチームの攻撃を予測し戦い方を決めた。
序盤から寺崎らのアタックで個人総合圏外の6名の逃げが出来、集団は3分前後でコントロールされ中盤まで進む。
6名は一定ペースで進むが、逃げグループには警戒するべく選手がいたため予想よりも早く集団は追い上げをはじめラスト3周で寺崎は集団に吸収される。
最後は絞られた人数でのスプリント勝負になるが、集団に待機したメンバーもメカトラや体調不良で20名強のグループに誰も
残れずレースを終えた。しかし今日は初めてレース展開に加わったステージとなった。(浅田 顕)

5月25日 第5ステージ(伊豆ステージ)146.4㎞
Bühnen-Performance
1位 EARLE Nathan AUS/HUON-GENESYS/ 4h29m38s
2位 FAVILLI Elia ITA / LAMPRE MERIDA +0s
3位 DE NEGRI Pierpaolo ITA / VINI FANTINI +0s
30位 和田  力 +1m58s
39位 秋丸 湧哉 +9m28s
41位 山本  隼 +10m24s
48位 寺崎 武郎 +14m23s
木村圭佑 途中棄権

第5ステージ終了後個人総合成績
1位 BALIANI Fortunato ITA/NIPPO-DE ROSA 13h05m13s