Japan car from Zhuan Athletic League
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • ツアー・オブ・ジャパン第4ステージ 草場啓吾が山岳賞奪回!
2018/05/24

ツアー・オブ・ジャパン第4ステージ 草場啓吾が山岳賞奪回!

ツアー・オブ・ジャパン 第4ステージ 139.4㎞
Open daily reminders:5May 23
The field:岐阜県美濃市

Race Results
Fourth stage results
1ミッヘル・ライム(エストニア/イスラエル・サイクリング・アカデミー) 3h23m59s
2レイモンド・クレダー(オランダ/チーム右京)+0s
3マルティン・ラース(エストニア/チーム・イルミネート) +0s
4大久保 陣(チームブリヂストンサイクリング) +0s =日本人最高位
…58中川拳+58s、73冨尾大地+2m48s 76佐藤健+2m53s、85草場啓吾、86松田祥位+4m04s
武山晃輔は負傷の影響により未出走

第4ステージ終了後個人総合リーダー
グレガ・ボレ(スロベニア/バーレーン・メリダ) 9h28m23s

第4ステージ終了後個人総合山岳賞
草場啓吾

コメント
第4ステージではチーム一丸となり山岳リーダージャージを奪回した。レースは序盤の激しいアタック合戦の末、山岳賞争いのメンバーを中心とする5名が先行し、集団はリーダーチームのコントロールで進む。草場は1回目の山岳賞を1位、2回目も3位通過し山岳リーダージャージを奪回した。チームの意思統一が大きな力になった第4ステージであった。