日本自転车竞技连盟
2016/05/31

ツアー・オブ・ジャパン Day2 レポート

Tour of Japan 2016 第2ステージ
京都ステージは今年が初開催となった。コースはテクニカルな区間及び短い登りが数箇所ありとても難しいコースであった。実 際にナショナルチームメンバーも2名が落者、それ以外にもパンク、メカトラブルが続きとても緊張した一日だった。
スタート直後からアタックが続き、2周目には4名の逃げができた。集団はそれを泳がせる形で安定した。ナショナルチームメンバーも余裕を持って集団内で 待機できたが、逃げる4名の中で落車が発生し2分あった差が一気に集団に吸収されることで、集団はスピードアップした。
在这些、中村がパンク。小玉が落車するがすぐに再スタート。間瀬がパンク、小玉と間瀬が落車。小玉は2回目の落車でレースの継続 が不可能になり、病院に搬送されたが、幸いなことに大きな怪我には至らなかった。然后、黒枝がメカトラブルと連続してトラブルが発 生した。
集団内で走っていた孫崎はラスト2周で遅れ、岡本はラスト8kmの登り区間、中村はラスト3kmから始まる緩いのぼりで遅れてしまった。
結果は出ていないが、レース中集団内でまとまりながら良い位置をキープすると言う意識も出来るようになっている。
昨年は明日(31日)の美濃ステージで黒枝が8位に入賞しており、日本チームとして彼を昨年以上の成績を修める事を目標とします。

1 ダヴィデ・チモライ ランプレ・メリダ
2 ピエールパオロ・デ ネグリ NIPPO・ヴィーニファン ティーニ
3 窪木 一茂 NIPPO・ヴィーニファンティーニ
55 中村 龍太郎 日本ナショナルチーム +59″
60 岡本 隼 JPN – JPN 日本ナショナルチーム +4’27”
77 孫崎 大樹 JPN – JPN 日本ナショナルチーム +11’15” 22
87 ⿊枝 咲哉 JPN – JPN 日本ナショナルチーム +15’26” 30
89 間瀬 勇毅 JPN – JPN 日本ナショナルチーム +15’26” 31
DNF 小玉 凌 JPN – JPN 日本ナショナルチーム