Auto Giappone da Zhuan League Athletic
2012/03/15

Tour de Taiwan Fase 5 <rottura>

Quinto 136,05 chilometri fase
台中から南下した彰化縣の大きな周回コース、小高い丘の上にある大きな大仏様の膝元からスタート、大仏様の丘に戻りゴール(136.5km)で行われ、日本ナショナルチームが2レースを残し2位とのタイム差4秒で総合1位となった。
個人総合4位に西谷泰治、12位に53秒差で山本元喜、24秒差で畑中勇介24位、大きく遅れているがチームのアシスト役として、早川朋宏1分14秒遅れの49位、7分32秒遅れの中尾佳祐61位で頑張る。(Direttore Ind Takahashi)