Japon voiture de Zhuan Athletic League
2013/03/20

ツールド台湾2013参加レポート<第2ステージ>

スタートからフラットコースを120㎞進み、最後の10㎞弱が登りという単純なコース。今日は内間を最後の登りまで温存させ総合上位に残すことが唯一の目的。
チーム4名は序盤から展開に応じ動いた。中盤には清水が12名の逃げグループに入り奮闘、内間らは集団に残り次の展開を待った。集団も逃げを外した有力チームの展開でレースを振り出しに戻しラスト20㎞に突入。集団から2名がアタックする展開に内間が追走で追いつきゴールへ向けて先行態勢を作ろうとするが最後の登りのふもとで吸収された。その後レースは単純な登りゴール争い展開となり、内間は後退、代わって西村が昨日の負傷を追いながらも急きょステージを狙いに行くが、怪我や自分の自転車ではない影響もあり先頭に残ることはできなかった。
この代表チームも2日を迎えるがチームの動きは全く噛み合っていない。昨日負傷した選手も今日走り切れたので復調と待ちながらチームの動きを作り直してゆきたい。(浅田)

3月19日 第2ステージ 台南市 128.74㎞
La performance sur scène
1位 EARLE Nathan (AUS/HUON SALMON-GENESYS WEALTH ADVISER) 2h53m15s
2位 SULZBERGER Bernard (AUS/DRAPAC Cycling) +0
3位 ANDERSEN Oddbjorn Klomtsen (NOR/TEAM FORY BIANCHI +0s
33位 西村 大輝 +54s
50位 寺崎 武郎 +1m51s
60位 清水 太己 +2m33s
69位 内間 康平 +3m27s

第2ステージ終了時点個人総合成績
1位 POZDNYAKOV Kirill (RUS/SYNERGY BAKU CYCLING PROJECT TEAM) 6h08m34s
56位 清水 太己 +2m46s
64位 内間 康平 +2m59s
89位 寺崎 武郎 +11m34s
92位 西村 大輝 +13m51s