日本自転车竞技连盟
2014/05/31

环法自行车熊野第二阶段

表彰式5本月31日,第二阶段的熊野山地球场109.3公里
面手が前日に体調不良により遅れたことで、今日から5人での出走になる。他のメンバーはコンディショニングに波があるものの、気持ち的にはポジティフな流れでレースに臨む事ができた。
スタート後から6名の逃げが決まり、集団はドラパックのコントロールにより一定のスピードで進んだ。52km地点の札立峠の登りで集団のペースがあがり分断。
12名の先頭集団を追撃する16名の第2集団に清水、広瀬、小石の3名が残った。
U23リーダーが峠で遅れたため、清水が暫定でリーダーとなるが、広瀬、小石と連携しながらレースを進める事ができた。
清水が先頭から3分41秒遅れの14位でフィニッシュ。総合成績では18位に順位を上げ、第2ステージ終了時点でU23リーダージャージを獲 得した。
明日は最終日。太地町にて100kmで競われる。(橋川 健)

个人総合成绩
1位 フランチェスコ マンセボ
18位 清水 太己 +3’51”
27位 広瀬 樹 +35’31”
31位 徳田 優 +7’57”
34位 小石 祐馬 +8’54”
63位 徳田 鍛造 +15’17”

结果 - 519.26 KB - (351 点击)