日本自転车竞技连盟
2010/07/27

环法自行车Rabitibi远征

7ステージ第7ステージ(ロード) センテール−バルドーラ 114.6km
曇り空の中、15:00にスタート。今日のコースは約70km走行後、5kmの周回を9周回する114.6kmである。周回に入るまでコーナーが2箇所しかなく、横風と向かい風がきついコースであった。スタート20km後、横風が始まった途端に集団は縦一列になり、力のない選手がこぼれ落ちていくような展開になった。
さらに20名程度の逃げ集団が形成され日本チームからは中里がこの集団に入った。この集団は総合20位以内の選手が18名程度含まれ、後続とどんどんタイム差を広げた。中里は日本チームからただ一人であるため、集団の先頭に出ることがなかった。しかし、横風での走行に不慣れなため、チームカーから見る限りでは苦しそうであった。周回に入ってからは、各チームアタックをかけるも長くは続かずに向かい風の中、ゴールスプリントとなり、中里は10位。本人はラスト1kmで他の選手とぶつかり、足を止めてしまったときに集団の後になってしまい失敗した、と悔しがっていた。
このステージでレースは終了した。今日はバオーラに宿泊、明日モントリ−オールに移動、明後日、日本へ帰国する予定である。今回の遠征参加選手の長瀬、中里、横谷は帰国翌日のインターハイロードレースに出場する。この経験を活かし、インターハイでの活躍を期待したい。
7ステージ表彰10位 中里 仁  +0秒
28位 六峰 亘  +6分
33位 横谷 直人 +6分6秒
36位 長瀬 幸治 +6分51秒
48位 一丸 尚伍 +7分1秒

総合順位
17位 中里 仁   +2分50秒
29位 長瀬 幸治 +9分34秒
36位 一丸尚伍  +10分2秒
82位 六峰 亘   +23分7秒
93位 横谷 直人 +30分20秒

佐藤孝之