Japan Auto vom Zhuan Athletic League
2017/08/23

ツール・ド・ラヴニール レポート<第5ステージ>

8月22日 第5ステージ Montreuil Bellay – Amboise 166.5㎞
フラットな高速ステージでは逃げを打つ選手と捕まえるチームの追いかけっこで速い展開が続く。序盤に19名の逃げグループが成立しスタートから果敢に動いた山本が乗る。しかし集団もこれを容認せず序盤のうちに吸収。しかしレース中盤中休みムードのペースが落ちたタイミングで飛び出した3名(オーストリア1名、ベラルーシ2名)の逃げが容認され最大7分までリード。後半に追い上げの主導権を取るチームもなく各チームの息も合わず最後はこの3名の逃げ切りを許してしまった。4位以下の集団では岡本の22位の成績に留まった。勝ったのは逃げた2人のベラルーシのひとりSTROKAU、国際大会ではジュニア以来の優勝と思われる。明日は最後のフラットステージ。山岳ステージを前にステージ上位入賞を狙う。(浅田 顕)

Rennergebnisse
Bühnen-Performance

1 STROKAU Vasili (ベラルーシ)3h50m50s
2 GAMPER Patrick(オーストリア) +0s
3 VOLKAU Ilya(ベラルーシ)+13
*4 HALVORSEN Kristoffer Norway(ノルウェー) +3m49s
…22岡本隼、43岡篤志、70山本大喜、79雨澤毅明、89石上優大 +3m49
137人完走/137人出走

Persönliche Syntheseergebnisse
1 GAMPER Patrick(オーストリア)16h39m50s
2 VOLKAU Ilya(ベラルーシ)+1m23s
3 ASGREEN Kasper(デンマーク) +3m45s
…31岡篤志、40岡本隼、90雨澤毅明+3m49s 115石上優大+7m22s、131山本大喜+20m25s