Japan Auto vom Zhuan Athletic League
2015/06/07

Die zweite Stufe Deutschland Junior Nations Cup

大町Junior Straße Expedition Nations Cup TROFEO KARLSBERG zweite Stufe
第2ステージは午前に9.6kmのタイムトライアル、午後は20kmの周回を4周回する79kmで争われた。
午前のタイムトライアルではコーナーが2か所のみのアップダウンの多い力勝負のコース設定で、デンマークのLARSEN NIKLASが優勝候補の筆頭のアメリカのCOSTA ADRIENを4秒上回り優勝した。日本選手は大町が1分9秒差の52位でリザルトの1ページ目に載るにとどまった。
昼食をとってから午後のロードレースが始まる。昨年は石上が優勝候補らと逃げを決めたコースであり、石上もコースの特徴を全て把握してのぞむ。この日のコースは20kmの周回に2kmほどの登りとその後の横風のアップダウン区間、ロータリーの多い街中があり、集団スプリントも逃げの可能性もあるコース設定である。集団スプリントになると厳しい日本チームは逃げに乗ってステージ上位を狙う。午前のタイムトライアルでアメリカが個人総合リーダーから落ちてベルギーがリーダーになったことで、チーム力ナンバー1のアメリカの攻撃が激しくなることが予想された。
前半から攻撃を仕掛けてくるチームがあったが大きな差はつけられず集団のまま進む。3周目の登り区間前から登りにかけて石上、中村を含む12名ほどの先頭グループが出来るが、アメリカ勢の追撃で一つのグループになる。この動きでスピードが一気に上がり集団は大きく分かれ、當原、Nakagawa、大町はメイン集団から離される。當原、中川は完走集団に残り、大町はさらにそこから遅れた数名の選手とゴールを目指すことなる。
第2ステージ-2  11名の第2グループでゴールする石上メイン集団では下り区間、平坦区間で攻撃がかかり5名の先頭集団が出来る。1分弱のタイム差をつけるが、個人総合リーダーを擁するベルギーが集団を牽引する。最後の登りの後、メイン集団はアタック合戦となり、力のある選手が数名ずつ抜け出して行く中に石上が入り11名の追走グループを形成する。アメリカのCOSTAら各チームのエースクラスが入ったこのグループは勢いがありゴール前までに先頭5名に追いつくかにみえたが、先頭グループは石上の集団に4秒差をつけて逃げ切った。石上は追走集団で6位となりステージ11位であった。この日石上がネイションズポイントを獲得することはならなかったが、個人総合でのポイント獲得圏内まで手の届く順位にいる。明日の最終ステージは個人総合優勝をかけてアメリカチームを中心に激しいレースになることが予想される。日本チームも石上の個人総合の20位以内へのジャンプアップとステージ6位以内を狙っていく。(JCF強化コーチ 柿木孝之)

2-1 Stufe Zeitfahren Bühne 9.6km
1 LARSEN NIKLAS (Dänemark) 13 Minuten und 20 Sekunden
2 COSTA ADRIEN (Amerika)4Parsec
3 Sobrero MATTEO(Italien)8Parsec
52 Omachi Kent (Hiroshima, Hiroshima Prefectural Aki Fuchu Gymnasium) 1 Minuten 9 Sekunden Unterschied
54 Excellent großen Stein (Kanagawa Yokohama Colleges) 1 Minuten 11 Sekunden Differenz
67 DS Tian Carpenter (Kyoto, Kyoto Prefectural Nord Kuwata Hochschulen) 1 Minuten 21 Sekunden Differenz
89 Nakamura Keisuke (Tokyo und Showa ersten Gakuen High School) 1 Minuten 46 Sekunden hinter
96 Faust Nakagawa (Hokkaido Hokkaido Obihirosanjo High School) 2 Minuten Unterschied
102 Wenn das Original Hayato (Okinawa Okinawa Prefectural · Universitäten und gewinnt) 2 Minuten 22 Sekunden Differenz
徳田

Ziel SprintDie 2-2 Bühne Straßenrennen
1 NIELSEN ANDREAS(Dänemark)1 mal 59 Minuten 40 Sekunden
2 SARMON MARTIN(Deutschland)Gleiche Zeit
3 SIWAKOW PAVEL(Russland)
11 Excellent großen Stein (Kanagawa Yokohama Colleges) 4 Sekunden Unterschied
29 Nakamura Keisuke (Tokyo und Showa ersten Gakuen High School) 35 Sekunden hinter
42 DS Tian Carpenter (Kyoto, Kyoto Prefectural Nord Kuwata Universitäten) 54 Sekunden Differenz
70 Faust Nakagawa (Hokkaido Hokkaido Obihirosanjo Gymnasium) 6 Minuten und 41 Sekunden hinter
81 當 原 Hayato (Okinawa Okinawa Prefectural Azukakachi High School) gleichzeitig
93 Omachi Kent (Hiroshima, Hiroshima Prefectural Aki Fuchu High School) 12 Minuten 53 Sekunden hinter

Die zweite Stufe nach dem individuellen Gesamtpunktzahl
1 HALLER PATRIC (Deutschland) 4 Stunden 25 Minuten 11 Sekunden
2 Vereecken THOMAS(Belgien)23Parsec
3 Lambrecht Rettungs(Belgien)42Parsec
27 Excellent großen Stein (Kanagawa Yokohama Universitäten) 2 Minuten 10 Sekunden Differenz
41 Nakamura Keisuke (Tokyo und Showa ersten Gakuen High School) 3 Minuten 16 Sekunden hinter
64 Wenn das Original Hayato (Okinawa Okinawa Prefectural · Universitäten und gewinnt) 9 Minuten 58 Sekunden Differenz
69 DS Tian Carpenter (Kyoto, Kyoto Prefectural Nord Kuwata Universitäten) 12 Minuten 15 Sekunden Differenz
87 Faust Nakagawa (Hokkaido Hokkaido Obihirosanjo High School) 18 Minuten 41 Sekunden hinter
92 Omachi Kent (Hiroshima, Hiroshima Prefectural Aki Fuchu High School) 24 Minuten 9 Sekunden hinter