日本自転车竞技连盟
2018/10/29

パラサイクリング野口佳子選手「2018 UCI パラサイクリング賞」を受賞

2018年10月21日中国・桂林でUCI(国際自転車競技連合)主催の年間表彰式「UCI Cycling Gala」が開催され、パラサイクリング日本代表の野口佳子(株式会社ウェルパーク/TEAM BRIDG ESTONE Cycling)が2018年最も活躍したパラサイクリング選手の一人として「Para-Cycling Award」を受賞した。

野口は2018年8月、イタリアで行われたパラサイクリングのロード世界一を競う大会「UCIパラサイクリング・ロード世界選手権」女子C2クラスのロードレースで優勝。2年連続で世界チャンピオンに輝いた。还、この世界選手権を含め、2018シーズンにUCIが主催した、パラサイクリングのロード主要4大会全戦に出場し、ロードレース全戦優勝、タイムトライアル優勝3回、2位1回。
トータル8戦7勝、まさしく2018年のパラサイクリングロードシーズンを代表する活躍を見せた。

<野口佳子のコメント>
色々な方々のお陰でこうした賞をいただけて感謝しかありません。応援してくれる人の喜ぶ顔が見たくて、それが頑張る原動力になっています。
ぜひ、これからの私も見ていて下さい。
(次の目標となる)パラサイクリングのトラック世界選手権(2019年・オランダ)でも、もちろん優勝を目指します。ロードに比べれば、トラックの経験は浅く、まだ苦手意識がありますが、だからこそ高い目標を持って頑張りたいと思います。

※問い合わせはメールにて
日本帕拉自行车联合会
email:info@jpcfweb.com