Japan car from Zhuan Athletic League
2015/09/09

レ ー ス レ ポ ー ト BACK TO CANTABRIA

9月 8 日 日 ~ 10 BACK TO CANTABRIA (ス ペ イ ン)
9Month the 8th first stage 142㎞

A three-day stage race which runs the Santander neighborhood of Dale, the capital of Spain Cantabria。One day middle from VOLTA A VALENCIA、Participation through the great migration。Run with a punch to the world championship before the goal of the team of cooperation and conditions up as the final race。The first stage course consists of three tertiary mountainous point of the flat and late。Race begins to deploy in the wake of the first tertiary mountain point proceed in a relatively quiet deployment until the middle、Put on expanded well positioned in the avant-garde, while also taking the cooperation team。
最後の山岳ポイントの手前では他チームの4名が先行しゴールへ向かう展開となったが、面手が麓から頂上付近までの捨て身のペースアップで、小石、秋田らを残した追走グループは先頭を吸収しそのままゴールとなった。レースレベルはこれまでのレースと比較するとワンランク低い分、チームとしては終始良い動きが出来ている。It should be noted、日本人としてスペインのクラブチームに所属する小林海選手も今大会に参加しており、先頭グループに残り大変良い走りを見せていた。(Sensible Asada)

The first stage results
1 LOPES Daniel(スペイン/CAJA RURAL)
2 ARISTI Mikel (ス ペ イ ン / COUNTRY)
3 Bernardo Ayuso (ス ペ イ ン / Gomur)
…18小林海(CONS.PAULINO-LIMO)、31小石祐馬、32秋田拓磨+0s
…47面手利輝、48岡篤志+2m15s
…79内野直也、82小橋勇利+11m24s