Japon voiture de Zhuan Athletic League
2011/05/19

三瓶将廣、長迫吉拓がアジアBMX チャンピオンに!

中華人民共和国江蘇省宿遷市で開催された第6回アジアBMX選手権大会・BMXジュニアアジア選手権大会は、エリート男子に出場した三瓶将廣が日本人初のエリートアジアタイトルを獲得した。ジュニア男子でも長迫吉拓がトップでゴールし、昨年の吉村樹希敢に引き続き日本が2年連続のタイトルを手にした。
4名の代表選手すべてが決勝に進出したエリートクラスは、三瓶将廣がスタートからトップに立ち阪本章史が追う展開でレースが進んだ。しかし最終コーナーで阪本のリアタイヤがスリップ、順位を落としたものの、後続の高橋堅太と松下巽が三瓶に続いてゴールし、日本チームが表彰台を独占した。
昨年のチャンピオン吉村樹希敢とユースオリンピック出場の長迫吉拓が出場したジュニア男子では、日本人選手2名がスタートから抜け出し、第1コーナーでトップに立った長迫が優勝。2位には昨年のチャンピオン吉村
樹希敢が入った。
女子エリートには三輪郁佳が出場し決勝へと進んだものの5位に終わった。