日本自転车竞技连盟
2015/10/01

世锦赛路报告

新城9本月27日男子精英261.4㎞
世界選手権最終日はメインイベントの男子エリート。新城、别府、内間の3名で臨むジャパンチームは、来るべく終盤の本格的ペースアップに向けて各選手のスタイルで備える。レースは序盤に動いた8名の先行グループに対してオランダが一定ペースでコントロールする状態が長く続く中、毎周回の石畳の登り区間での自然なペースアップや位置取りで集団待機していても疲労が蓄積してゆく。度重なる落車回避や急な体調不良で別府、内間が連列から離れる中、新城は勝負のかかる終盤まで冷静に動き最終局面を小さく絞られた先頭グループで迎える。
最後に単独で飛び出したサガン(スロバキア)を秒差で追う約20名のグループでスプリントに入るが、目前に見えた世界チャンピオンの背中を追うも上位には届かず17位でのゴールとなった。今回の成績は新城選手本人の自己評価は厳しいようだが、世界のトップと戦える証明には十分な走りであった。(显浅田)

男子精英表现
1 179 SAGAN彼得(スロバキア)6h14m37s
2 76 迈克尔·马修斯(オーストラリア)+ 3S
3 158 Navardausko Ramunas(リトアニア)+ 3S
…17新城幸也+3s
…別府史之、内間康平は途中棄権