Japan car from Zhuan Athletic League
2015/09/26

World Championship Road report

2015Year World Championship Road America Richmond
アメリカ・リッチモンドで開催中の世界自転車選手権ロードレース。9Individual time trial of the month 21 days Junior girls and U23 category was held。Women's Junior Kajiwara Yumi of continued second time competed in the last year has performed well with the 11-position。3From the road race members in the World Championship to become U23 category of the year the first time in、Same category Japan TT champion of pebble Yuba and Atsushi Oka of 2 people raced、Oka is 49、Pebble became Unfortunately # 50 grades under the influence of the middle of the 落車 fall。Yukitai improve concentration in both categories finished the time trial towards the road race of 25 days。
9Athletics Results February 21
Women's junior individual time trial
15㎞
1 DYGERT Chloe(アメリカ)20m18s47
2 WHITE Emma(アメリカ)+1m5s53
3 Hull Anna-Leeza (オ ー ス ト ラ リ ア) + 1m26s08
... 11 Yuki Kajiwara not + 1m54s52
Men's U23 individual time trial30㎞
1 SCHMIDT Mads Wurtz(デンマーク)37m10s96
2 SCHACHMANN Maximilian(Germany)+12s20
3 STOVE Lennard(Germany)+21m02s
…49岡篤志+5m20s、50小石祐馬+5m29s

9Month the 25th World Championship U23 individual road race162㎞ (16.2㎞ × 10 weeks)
コースはフラット中心だが短い石畳の登りがレースを厳しくする。各主力国はパワーのある大柄の選手を中心に代表チームを構成している。日本チームは小石をエースに10位以内の成績を目標にスタート。レースは序盤から出来た少人数の逃げグループに対し大きな集団が一定のタイム差で進む。後半になると主力国のペースアップにより集団の人数を絞りながら逃げグループを吸収し勝負どころのラスト2周に入る。日本チームは小石、Hand side、小橋が残る。しかしこのタイミングで小石がパンクしていまい、集団が分裂していたため先頭グループへの復帰が出来ず、ここで小石は戦列から外れる結果となった。残った面手と小橋はゴールに備え面手がスプリント力のある小橋をアシストする形で最終回を迎えた。
しかし降り出した雨で滑りやすくなった路面で落車が続出しはじめ、両者とも大きく影響を受ける形でポジションを下げてしまい、先頭から少し遅れて小橋が45位、面手が61位でのゴールとなった。勝ったのはKevin LEDANOIS(フランス)でフランスのプロコンチネンタルチーム「ブルターニュ」に所属するプロ選手である。今年のジャパンU23ナショナルチームのレースはこれで終了。世界選手権では目標成績には届かなかったがネイションズカップを中心とするレース活動でチームとして多くのことを学び、別府選手、新城選手以来、U23として欧州のUCIレースで10位以内に入賞するなど実績も高めてきている。活動にご理解を頂きました皆様へ代表チーム一同お礼を申し上げます。(Sensible Asada)
Race Results
1 LEDANOIS Kevin(フランス)3h54m45s
2 CONSONNI Simone (イ タ リ ア) + 0s
3 TURGIS Anthony(フランス)+2s
…45小橋勇利+48s、61面手利輝+1m12s、122小石祐馬+15m41s
徳田優、岡篤志は途中棄権