Japan car from Zhuan Athletic League
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • World Championship TT Junior Men Elite Women <Breaking>
2016/10/12

World Championship TT Junior Men Elite Women <Breaking>

WatanabeWorld Championships Junior Men's TT
This year, the men's junior participated 90 people and adults the number of、It was carried out divided into six groups。Course is a course set to run two laps of the island in the 28.9km、It was expected to be a battle of the same heat as yesterday。Katsura tarō and Ayumu Watanabe Sawada from Japan has entry。Sawada became the first half start in the temperature over the noon rises proceeds at a very fast pace。But it can be expected because it was showing a good run in training camp、It is completely put these no speed from before the middle come to stretch the legs under the influence of heat。It was the goal while become dizzy from the heat。11Watanabe was launched in time too became a run cut 62 of at a constant pace during the second half without too high in the first half pace。
ネイションズカップにおけるTTでの圧倒的な走りをそのまま見せつけたアメリカのMcnulty Brandonが後続に大差をつけて優勝した。前日のU23のTTとコース、距離も同じであったがその中でも3位に入るタイムであった。

ジュニア男子タイムトライアル結果
1 Mcnulty Brandon (America) 34分32秒
2 Bjerg Mikkel(デンマーク) 35秒差
3 Garisson Ian(America) 53秒差
62 渡邉歩 5分20秒差
72 沢田桂太郎 6分44秒差

WatanabeSawadaSawada

 

Yonamine世界選手権エリート女子TT
ジュニア男子が終わった後、午後からの女子エリートTTには40名がエントリーし、日本からは與那嶺恵理が参加した。Course、距離ともに午前中のジュニア男子と同じで、40分弱の厳しい暑さの中でゴールまでパフォーマンスを落とさず走れるが問われるレースとなった。
與那嶺は1周目は好調に飛ばし7.4kmの通過タイムは全体の中でも11位と良い走りを見せていたが、中盤からジワジワと順位を落とし21位でゴールした。
與那嶺と同じ組でスタートした41歳のアメリカのNeben Amberがベストタイムを出し、そのまま後半のグループの優勝候補にタイムを破られず優勝した。(Takayuki Kakinoki)

エリート女子タイムトライアル 結果
1 Neben Amber(アメリカ)36分37秒
2 Van Dijk Ellen(オランダ)5秒
3 Garfoot Katrin(Australia) 8Parsec
21 與那嶺恵理   3分1秒差

Yonamine