Japon voiture de Zhuan Athletic League
2015/11/16

Izu BMX international a réalisé un consécutive est Nagasako YoshiTaku!

elite_men静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンターBMXトラックにてUCI公認の伊豆BMX国際が開催されました。
日本を含む5カ国の選手が参加した大会は、今大会で4年目を迎えました。
男子エリートクラスでは、昨年の覇者である長迫吉拓(MXインターナショナルHARO/岡山県)が連覇を達成しました。

■ élite classe des hommes Nagasako YoshiTaku pour atteindre deux années consécutives!
男子エリートクラスは、16名のライダーがエントリーし、予選は2組に分かれて争われました。それぞれでトップ通過を果たしたのは、全日本王者で今月行われたアジア選手権でもタイトルを獲得、昨年のこの大会も制している長迫吉拓と、オーストラリアからの榊原魁。榊原は16歳まで、世界選手権に日本代表として出場していたライダーで、ジュニア昇格時から出場国をオーストラリアに変更して、世界選手権やワールドカップに参戦しています。
両名の対決に注目が集まった決勝レースは、落ち着いて好スタートを決めた長迫に対して、榊原は後輪をスリップさせて出遅れる結果に。そのまま首位を守り長迫はトップでゴールし、2位に松下巽(早稲田大学大学院/神奈川県)、3位に吉村樹希敢(クレジットレーシング/大阪府)が入りました。榊原はその後、転倒し8位の記録となりました。

Victoire Nagasako YoshiTaku (MX international HARO / préfecture d'Okayama)
2 Panasonic Sunda (École l'Université Waseda de l'Université Waseda / Préfecture Kanagawa)
Troisième place Yoshimura TatsukiNozomi 敢 (course de crédit / Osaka)

■女子エリート、15歳オーバー混合
女子エリートとガールズ15歳オーバーの混合で争われたレースは、タイのアマンダ・カーが先行し、畠山紗英(神奈川県)が追う展開となりました。2013年と14年にこの大会を制しているカーがトップでゴールするかと思われましたが、最終コーナーでスリップして転倒し、カーをパスした畠山と丹野夏波(神奈川県)の順でゴール。カーは6位でゴールとなりました。エリートと15歳オーバーの表彰は別で行われるため、女子エリートはカーを抜いてゴールした飯端美樹(SEレーシング/大阪府)が優勝しました。畠山はガールズ15歳オーバーの優勝となります。

Elite féminine
Victoire Ibata Miki (SE Racing / Osaka)
Deuxième place Amanda voiture (Thaïlande)
3 Lai ancienne Remote Plus (IRC pneu)

Jeune fille de 15 ans sur
Victoire Hatakeyama Sae (préfecture de Kanagawa)
Deuxième place Tanno NatsuNami (préfecture de Kanagawa)
Troisième place Takiguchi Karin (Chiba)

Junior ■ Les hommes
5名のエントリーで3度走った合計で争われた男子ジュニアは、山口大地(Yessファクトリー/新潟県)が2本目までを安定したレース運びによりトップでゴール。3本目の最終コーナーで機材トラブルにより2位に後退するも、総合で首位を維持して優勝しました。

Championnat terre Yamaguchi (Yess usine / Préfecture de Niigata)
Deuxième place Takumi Shenzhen (préfecture de Saitama)
Troisième place Tomoya Ishii (préfecture de Kanagawa)

■ Information sur le tournoi
Nom Assemblée:2015Izu internationale de BMX
開催日時:2015Le 15 Novembre
Lieu:日本サイクルスポーツセンター/BMXトラック(静岡県伊豆市)
公認:国際自転車競技連合(UCIクラス1)
主催:公益財団法人日本自転車競技連盟(JCF)
En charge:一般社団法人全日本BMX連盟(JBMXF)
後援:一般社団法人日本サイクルスポーツセンター
協力:一般社団法人静岡県自転車競技連盟