Japan car from Zhuan Athletic League
2017/06/28

台湾遠征レポート : 大会3日目

 6月27日Taiwan Cup Track International Classic Ⅱ(Class1)が行われ日本ナショナルチームからは、女子スクラッチに鈴木奈央(JPCU Shizuoka)と橋本優弥(National Institute of Fitness and Sports in Kanoya)、男子スクラッチに今村駿介(Chuo University)と松本憲斗(National Institute of Fitness and Sports in Kanoya)が出場した。
 午前に行われた女子スクラッチでは一昨日の女子オムニアムで優勝した鈴木に対し、レース序盤からマークが集中し、レースが展開されていった。 1チーム2名でエントリーしていることもあり、各チームで1人が逃げ1人が抑える作戦を繰り返し行われ、その全てが日本チームが追わされる結果となり徐々に体力(脚)を奪われてしまった。
 最終ゴールスプリントで後方から鈴木が懸命に追い上げるも、先頭には届かず3着。橋本も末を欠いた形で8位に留まった。
 午後に行われた男子スクラッチでも同じ様に1人が逃げ1人が抑える展開になるも、逃げに乗れなかったチームが追う展開を作り決定的な逃げは出来ないままレースは終盤に突入する。
 そこで満を持して今村がスパート、マレーシアとマカオが反応して逃げを形成する。松本がマレーシア、マカオと協調して集団をコントロールして安全圏まで逃がすと、最終スプリントでマレーシアを振り切って今村が優勝を飾った。松本は集団コントロールの役目を終えた後、後続集団の中でも順位を上げて7位でゴールした。
 本日27日でTaiwan Cup Track International Classicの全日程でスケジュールを終了し、明日28日早朝日本に帰国する。今回の遠征では目標としていたオムニアムでのUCIポイント獲得を果たし、3種目優勝、6つのメダル獲得と成果を残すことが出来た。
 その一方で暑さによるコンディショニングや、連戦が続いたときの回復力等、幾つかの課題も確認できた。
 ワールドカップ、世界選手権出場に向けたポイント争いはまだ始まったばかりであり、今回あらわになった課題を改善しつつ、さらなる目標に向かい強化を続けて行きたい。(JCF強化コーチ 佐藤一朗)

 

上位成績
Women's Scratch
優勝 SOM NET Jupha(Malaysia)
2位 DIAO Xiaojuan(香港)
3位 鈴木奈央(JPCU Shizuoka)

Men's scratch
優勝 今村駿介(Chuo University)
2位 LAKASEK Irwandie(Malaysia)
3位 CHEN Chien Liang(台湾)