Auto Giappone da Zhuan League Athletic
  • HOME
  • TRACK
  • NOTIZIE
  • 大会観戦のご案内 全日本トラックいよいよ開催(静岡県・伊豆ベロドローム)
2015/04/10

大会観戦のご案内 全日本トラックいよいよ開催(静岡県・伊豆ベロドローム)

4月11(Terreno)・12日(Giappone)の2日間にわたり全日本自転車競技選手権大会トラックレースが静岡県・伊豆ベロドロームで開催される。
リオデジャネイロ五輪を来年に控えた今大会は過去最多の152名がエントリー。
JCF強化指定選手選考大会ともなっており、高いレベル争いが期待される。

スケジュール - 98.89 kB - (750 colpi)

Lista dei giocatori - 409.46 kB - (1028 colpi)

■種目
Sabato:Keirin、個人パーシュート、Sprint a squadre、タイムトライアル(500m・1km)、Madison
日曜日:Sprint、チームパーシュート、Pizzo Point、Graffio

■展望
・男子短距離

競輪選手を中心とした短距離のトップ選手に大学生が挑む。
特にケイリンでは渡邉一成、新田祐大、脇本雄太、中川誠一郎、河端朋之と五輪代表やアジアチャンピオンが揃う。
・女子短距離
ロンドン代表の前田佳代乃が中心となるが、ケイリンでは過去優勝がない。全日本優勝経験のある加瀬、中川、石井寛、石井貴、小林と力は均衡している。グランプリ王者の梶田舞がダークホース。
・男子中距離
強化指定含む有力選手はポイントレースと4km個人パーシュートに集中した。
アジア大会金メダリストの橋本英也と昨年のオムニアムチャンピオンの窪木一茂が軸となる。
また4km個人パーシュートでは橋本の5連覇がかかる。
近年最多の9チームが揃ったマディソンも注目の種目。
・女子中距離
世界選手権へ出場したエリートの強化指定選手とアジア・ジュニア選手権で金メダルを獲得したジュニアの強化指定選手が初対戦となる。
世界選手権で銀メダルを獲得した上野と、中距離を牽引する塚越、アジア・ジュニアで5冠の梶原に注目。3kmの日本記録を持つ加瀬加奈子は久しぶ りの中距離種目へ出場。
・パラサイクリング
パラリンピックメダリストの石井雅史、Albero prelievo Fujita、3月の世界選手権で入賞した藤井美穂などが出場する。
———————————————-
第84回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース
2015Torneo pista Giappone Para Cycling Championship

主催 公益財団法人日本自転車競技連盟・一般社団法人日本パラサイクリング連盟
共催 公益財団法人日本障害者スポーツ協会
日程 4月11日(土)9:00~開会式 9:30~競技開始
   4月12日(日)8:45~競技開始
会場 静岡県・伊豆ベロドローム(周長250m・屋内)
入場料無料、飲食店(カレー・コーヒー)あり。

■臨時バス
4/11(土) 表彰式終了後(18:30頃出発)
 サイクルスポーツセンター発 → 修善寺駅行
・人数に限りがあり、その場合は先着順とします。
・土曜日のみとなりますのでご注意ください。