日本自転車競技連盟
  • HOME
  • BMX
  • NEWS
  • 大池水杜がW杯初優勝UCI BMXフリースタイルパーク ワールドカップ
2018/05/12

大池水杜がW杯初優勝UCI BMXフリースタイルパーク ワールドカップ

9日より開催されているBMXフリースタイルワールドカップ・女子の決勝が11日行われ、 予選を1位で通過した大池水杜が85.40点で記念すべき初優勝を果たした。

大きなジャンプの続く難易度の高い構造となった今回のパーク設定。選手はハイスピードでダイナミックなトリックが求められる。
2017年の世界選手権で4位の大池は今回のパークとの相性も良く、他の選手が苦戦する中で独創的なルーチンとダイナミックかつ安定感のあるトリックを披露。日本人初となるBMXフリースタイル・パークのワールドカップ優勝を飾るとともに、2020への大きな1歩と日本女子の飛躍を感じさせた。

■大池水杜コメント
「1位になった事は本当に信じられません。とても嬉しいです。初めての表彰台で一番頂点に立つ事が出来たのは、大きな自信に繋がりました。今回の結果でようやく東京2020へ向け本格的な第一歩を踏み出す事が出来ました。今後、さらに練習を重ねランキングを上げていきます。」

■結果
5/11(金)UCI BMXフリースタイルパーク ワールドカップ 女子エリート決勝
1位 大池水杜 85.40点

■派遣概要
1 派遣大会:UCI BMXフリースタイルパーク&フラットランド ワールドカップ
2 派遣期間:平成30年5月6日(日) 〜 5月15日(火)
3 開催場所:フランス・モンペリエ

選手団
[監督] 出口 智嗣 (連盟強化スタッフ)
[メカニック] 中村 辰司 (連盟強化スタッフ)
[医療] 半治 由弘 (連盟強化スタッフ)

[男子選手]
高木 聖雄 (愛知/JFBF)
大霜 優馬 (神奈川)
[女子選手]
大池 水杜 (神奈川/JFBF)

Photo by Christian van Hanja