Japan Auto vom Zhuan Athletic League
2008/12/08

学連主催「立川クリテリウム」が開催された。

img73412月6〜7日、好天に恵まれた東京都立川市・国営昭和記念公園において、学連主催の第3回2008年度全日本学生ロードレース・カップ第8戦 東京・昭和記念公園ラウンド及び東京都自転車競技連盟主催の第三回東京都クリテリウム大会が開催された。
初 日午前には、併催の第3回東京六大学自転車競技チームロードレース大会(50km)が行われ、昨年の覇者・法政大学が、猛追する早稲田大学に31秒の差を つけ見事優勝した。Außerdem、午後には第3回東京都クリテリウム大会の「女子+ジュニア部門」(40km)が行われ、こちらも昨年の覇者・清水太己(川口市自 転車競技連盟)が勝利をものにした。
翌7日は、学生ロードレースシリーズ+東京都クリテリウムの「クラス1+2」と「クラス3」が行われた。午前 に行われた「クラス3」(40km)は出場人数の都合により2組に分けて出走し、有田雅昭(チームオーベスト)と近藤洋基(日本体育大学)がそれぞれ勝利 を勝ち取った。
午後には最上位クラスの「クラス1+2」(50km)が59名でスタート。レース序盤、入部正太朗(早稲田大学)が着実にポイント を稼ぎ、トップの座を固めつつあった所、まさかのパンク。車輪交換をして再スタートしたが、無念のリタイヤ。この時点で入部に次いでポイント獲得2位の十 時正嗣(早稲田大学)がゴールでも3位10点を加算して、見事昨年に続き優勝を飾った。
Es ist zu beachten、全日本学生ロードレース・カップは1月11日と2月8日の埼玉・菖蒲町クリテリムの後、2月22日の神宮外苑クリテリウムで最終戦を迎える。

Ähnliche Links:http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/