Japan Auto vom Zhuan Athletic League
  • HOME
  • ROAD
  • NACHRICHTEN
  • Als die Unternehmensgruppe "J Pro Tour Round 5 Gunma CSC Straßenrennen (die Ergebnisse)"
2014/04/28

Als die Unternehmensgruppe "J Pro Tour Round 5 Gunma CSC Straßenrennen (die Ergebnisse)"

jbcf_gunma"Hatanaka Yusuke schleppt eine rubinrote Trikot zum ersten Mal in drei Jahren."
レイティングの高いAAランクの大会はJプロツアー年間21戦のうち6戦。そのうちのひとつがこのJBCF群馬CSCロードレース。会場は名コースとして名高い群馬サイクルスポーツセンターの6kmサーキットコース。昨年からスタートとゴールが管理棟手前の上り部分で行われている。
20周120kmのP1クラスタはスタート後から各チームのアタックの応酬となり数人が数秒抜け出す展開がじつに中盤まで続く。ちょうど中盤、11周目に入って下り区間で抜け出した6人の逃げが決まる。畑中勇介と入部正太朗(シマノレーシング)、窪木一茂(Team UKYO)、山本元喜(斑鳩アスティーフォ)、阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、森本誠(イナーメ信濃山形)の強力メンバー。この6人は協調してメイン集団との差を広げ終盤には2分差となって逃げ切りが濃厚に。
それまでも上り区間で抜け出していた山本と畑中だが、最終周回の心臓破りの坂で山本が仕掛け、頂上付近で畑中が先頭に立つと単独となり、そのままゴールまで逃げ切って優勝。2位には昨年大会の覇者、窪木が、3位には山本が入った。2011年輪島大会以来のルビーレッドジャージを手にした畑中は「得意のこのコースで勝てて嬉しい。逃げメンバーでは窪木選手に注意していたがそのとおりに。山本も強かった」と語る。

J Pro Tour Runde 5
"6 JBCF Gunma CSC Road Race Day-1"
Datum 26. April 2014
Venue Gunma Prefecture Tone-gun Minakami Gunma Cycle Sports-Center
距離 P1 ク ラ ス:20周 120km
Ergebnis
P1 120km
1Platz Hatanaka Yusuke (Shimano Racing) 2 Stunden 54 Minuten 20 Sekunden
2Bit hohlen Holz Kazushige (Team Ukyo) 07 Sekunden
3Bit Yamamoto Yuan Xi (Vernonia ア ー su te fu ォ) 08 Sekunden
4Bit Song of Abe (Utsunomiya bu ri nn ェ ッ tsu) 13 Sekunden
5Platz Makoto Morimoto (Yamagata Iname Shinano)
6Platz Yuzuru Suzuki (Utsunomiya Blitzen) 3 Minuten 21 Sekunden

J Pro Tour Führer Hatanaka Yusuke (Shimano Racing)
U23 Führer AmeSawa Takeaki (Nasu Burazen)

[J feminine Tour]
F 30km
1位 牧 瀬 翼 (Team ASAHI)
2Platz Hoshikawa MegumiRina (Team ASAHI)
3Ort Patterson Gil (Team ASAHI)

"6 JBCF Gunma CSC Road Race Day-2"
Datum 27. April 2014
Venue Gunma Prefecture Tone-gun Minakami Gunma Cycle Sports-Center
4 Wochen von der 24km

[J feminine Tour]
前日のDay-1で1位から4位を独占したTeam ASAHIは2日目もフルメンバーで出場。上り区間で毎周回人数を減らす展開。その中で樫木祥子(駒澤大学自転車部)も先頭で走る。最終周回の上りでも5人の先頭は崩れずゴールスプリントを吉川美穂(Team ASAHI)が制した。

F 24km
1位 吉川 美 穂 (Team ASAHI) 43 分 17 秒
2Bit Jian Holz Shoko (Komazawa Universität von Zhuan Fahrzeugeinheit)
3Platz Hoshikawa MegumiRina (Team ASAHI)

[J Youth Tour]
ユース・ジュニア年代のユースクラスタは、高校単位で実業団登録すれば高体連登録校でも出場できる。年間5戦予定されているこのJユースツアーの初戦は23人がスタート。アタックが常にかかる積極的な展開が続き8人に絞られた集団によるゴールスプリントを藤田拓海(横浜高校自転車競技部)が制した。

Und 24km
1(Von 転 Fahrzeugeinheit Yokohama Colleges Athletic) Bit Takumi Fujita 38 Minuten 24 Sekunden
2Platz Kawashima AyaFutoshi (Kanagawa Prefectural Hitorizawa High School)
3Bit Liqiyouren (EQADS)
4Zeigen Kotaro Ono (Smita Hideyo Pearl Izumi Rabanero)
5Bit Hammer Tian Takumi (Yokohama Collegiate Athletic Fahrzeugeinheit Zhuan)
6Zeigen Tamura yang (Takada Freunde Racing)