Auto Giappone da Zhuan League Athletic
  • HOME
  • ROAD
  • NOTIZIE
  • 実業団より『第1回 JBCF維新やまぐちクリテリウム』レポート
2016/08/30

実業団より『第1回 JBCF維新やまぐちクリテリウム』レポート

スプリント勝負を制して優勝した大久保陣大雨のサバイバルレースを大久保陣が制する
山口市での2連戦2日目は、山口県庁前から南にのびる「パークロード」を往復する1.3㎞の周回コースを使ってのクリテリウム。良く晴れた前日とはうって変わって雨がふる中でのレースとなった。
午前中の予選を経て74名が出走した午後の決勝。スタート直後から宇都宮ブリッツェンがペースを上げ、5周目には早くも集団がバラけはじめる。先頭集団はレース中盤までに15名ほどまで絞られる。その後も先頭集団の人数は減り続け、18周目までに残ったのは8名。メンバーは、増田成幸、大久保陣、鈴木譲、堀孝明、阿部嵩之(以上5名宇都宮ブリッツェン)、畑中勇介、住吉宏太(以上2名Team UKYO)、ルビーレッドジャージを着るホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)。
ここで、レース中盤から激しくなっていた雨がさらに強くなり、残り10周あたりから雷が鳴り始めたため、周回周を2周減らす事が決定される。
残り3周で堀が遅れ、先頭集団は7人となって最終周回へ。最後のスプリント勝負を大久保が制して優勝。2位に鈴木譲が入り、宇都宮ブリッツェンがワン・ツーフィニッシュ。完走11名のサバイバルレースとなった。

Jプロツアー第15戦
『第1回 JBCF維新やまぐちクリテリウム』

日付 2016年8月28日(日)
会場 山口県山口市 パークロード(県道203号厳島早間田線)〜山口市役所特設周回コース
距離 1周1.3km×30周=39㎞(P1)

結果 P1クラスタ 距離36.4km
1位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン) 54分06秒 40.35㎞/h
2位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) +0秒
3Posizionare Jose Vicente Toribio (PowerTag matrice)
4位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 
5Hata a posto Yusuke (Team Ukyo)
6位 住吉宏太(Team UKYO) +1秒
J Pro Tour leader ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
Leader U23 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)

■Jフェエミニンツアー(JFT)
20周で行われたFクラスタ。レース中盤に単独で飛び出したドス・サントス・サンドラ(Neilpryde-Nanshin Subaru Cycling Team)が、8周を逃げ切って優勝。前日のタイムトライアルに続いて2連勝した。

Risultato Fクラスタ 距離26km
1位 ドス・サントス・サンドラ(Neilpryde-Nanshin Subaru Cycling Team) 45分44秒 34.10km/h
2位 中里友香(VICTOIREしまなみ) +38秒
3位 矢野智子(モジュマ エリアゼロナナゴ)

提供:Generale sociale delle imprese Tuan Tuan da tutta l'industria giapponese Mika Zhuan veicolo Athletic League