Japon voiture de Zhuan Athletic League
2014/11/04

"1er JBCF Oita Ikoi du Critérium de route" rapport du groupe d'affaires

jbcf_ooita«Gagner est Puradesu Edward Oita station Critérium des JPT ronde finale Jose Vicente victoire finale individuelle annuelle."
11Festival du cycle OITA a eu lieu pendant trois jours à partir du 2e mois!!! 2014の最終日はJR大分駅前のクリテリウム。Jプロツアー全21戦の最終戦が市街地で華やかに行なわれた。コースはJR大分駅南側の公園を周回する1周1.1kmで、半分は往復コースなのでおよそ1分半の間に2回見られる計算。食のイベント「おおいたマルシェ」などが会場内で開催され、快晴の天候もあいまって多くの観客が駅前クリテを楽しんだ。
JプロツアーのP1クラスタは予選2組計69名が決勝に進出。1周のパレードののち正式スタート。ファーストアタックは小渡健悟(シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAサイクリングチーム)。代わって雨澤毅明(那須ブラーゼン)が単独アタック。メイン集団は前日にチーム年間総合優勝を決めた宇都宮ブリッツェンが出場8人全員で先頭を固める。
中盤過ぎに均衡を破ったのは、木村圭佑(シマノレーシング)のアタック。これにより集団は活性化、Team UKYOがトレインを組んでここから同チームのガルシア・リカルドと平井栄一がアタック。ラスト3周には逃げが吸収されマトリックスパワータグが前に出て和田力が高速で引き続ける。ここから最終ストレートで抜け出したプラデス・エドワード(マトリックスパワータグ)がそのまま先頭でフィニッシュラインを駆け抜け、南魚沼ロードに続いて自身Jプロツアー2勝目を挙げた。
年間個人総合リーダーのホセ・ビセンテ(Team UKYO)は最終戦を7位で終え、この日17位で総合2位の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)に対しさらに180点引き離して、ホセ・ビセンテの個人年間総合優勝が決まった。

Jプロツアー第21戦『第1回JBCFおおいた いこいの道クリテリウム』
日付 2014年11月3日
Lieu Oita, Oita Prefecture étang sud à un chome 1 (Station Oita JR sud) Ikoi inverse
距離 P1:1.1kmx30周=33km
Résultat
P1クラスタ 33km
1位 プラデス・エドワード(マトリックスパワータグ)41分13秒
2位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)
3位 プラデス・ベンジャミン(マトリックスパワータグ)
4位 ロイック・デリアック(Team JBCF)
5位 畑中勇介(シマノレーシング)
6Placez équipe Okubo (Utsunomiya Blitzen)
J Pro Tour score total de l'année
個人総合優勝 ホセ・ビセンテ(Team UKYO)
個人総合U23優勝 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)
チーム総合優勝 宇都宮ブリッツェン

Photos et déclarations:JBCF générale All Japan Business Group Cycling Federation