Japan car from Zhuan Athletic League
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • "The 2nd JBCF Minamiuonuma Road & Time Trial" report from business group
2016/10/15

"The 2nd JBCF Minamiuonuma Road & Time Trial" report from business group

Loic Deriaku wins。Mentioned now is team season 2 winWin the races the first day in the escape Loic Deriakku
Short road race is the first day that have been made as Two In One target tournament in Niigata Prefecture Minamiuonuma distance 74km。Course is one lap 12km over the Sakurigawa (Sagurigawa) dam dam and dam lake、There is one place up is distance 2km altitude difference 140m、In addition to those about flat。Finish point is on the up top。
6周回のレースは2周目に10人の逃げができるとメイン集団は沈静化し、早くもここで10人の逃げ切りが確定する。5周目から先頭の10人で攻防が始まり、最終周回の6周目に入ると入部正太郎(シマノレーシング)のアタックにロイック・デリアック(Neilpryde – Nanshin Subaru Cycling Team)が反応し2人で逃げる。このまま最後の登坂勝負となりデリアックが優勝。チームは今シーズン2勝目を挙げた。
また4位に入ったホセ・ビセンテがJプロツアーリーダーを、チーム右京がチーム総合1位をキープした。

Jプロツアー第20戦『第2回 JBCF 南魚沼ロード&タイムトライアル』
日付 2016年10月15日(土)
会場 新潟県南魚沼市清水瀬 三国川ダム特設コース
距離 2km+12km×6周=74km
結果 P1クラスタ 74km
1位 ロイック・デリアック(Neilpryde – Nanshin Subaru Cycling Team)1時間54分38秒
2位 入部正太郎(シマノレーシング)+12秒
3位 サルバドール・グアルディオラ(Team UKYO)+17秒
4位 ホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)+18秒
5位 堀  孝明(宇都宮ブリッツェン)+23秒
6位 飯野 智行(宇都宮ブリッツェン)
J Pro Tour leader ホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)
U23 leader 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)

Jフェミニンツアー(JFT)
P1クラスタ以外は1周+2kmの計14kmでの個人タイムトライアルが行われた。ダム堰堤への上りを2回こなすもので、コースの特性上ノーマルバイクのみが使用許可となった。Fクラスタは唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が優勝。男子Eクラスタでも10〜15位ほどに入る好タイムだ。

結果 Fクラスタ 14km 個人タイムトライアル
1位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)26分23秒
2位 福田 咲絵(慶応義塾大学自転車競技部)+1分00秒
3位 針谷千紗子(Live GARDEN BICI STELLE)+2分32秒
Jフェミニンツアーリーダー 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)

Photos and statements:JBCF general corporate social Tuan Tuan industry from all over Japan Mika Zhuan vehicle Athletic League