Japan Auto vom Zhuan Athletic League
2015/11/02

"Der 2. JBCF Oita Ikoi Straßen Criterium" Bericht von Business-Gruppe

FertigUtsunomiya Blitzen wird die letzte Runde, die die Initiative Win stattfand ist Aoyagi KenTeru
Jährliche Gesamtsieg ist Yusuke Hatanaka und Mannschaft Ukyo

3OITA Zyklus Festival wurde in Tagen statt!!!2015の最終日、11月1日はJR大分駅前のクリテリウム。Jプロツアー全24戦の最終戦が大分市中心市街地で華やかに行なわれた。コースはJR大分駅南側の公園を周回する1周1.1km。同時開催の「おおいたマルシェ」や「おおいたワールドフェスタ2015」などのイベントも手伝い多くの観客が自転車レースを楽しんだ。
JプロツアーのP1クラスタは予選2組計70名が決勝に進出。オープン参加で大分県出身の黒枝士揮(NIPPOヴィーニファンティーニ)と黒枝咲哉(鹿屋体育大)らも出走。レースは序盤から7名が出走の宇都宮ブリッツェンが先頭を固める。高速で牽引してアタックを許さない走りに対抗し、マトリックスパワータグとTeam UKYOが先頭に出るものの宇都宮ブリッツェンがふたたび先頭を奪い返し終盤へ向かう。
最終周回に土井雪広(Team UKYO)が同チームの窪木一茂を連れて先頭に出るが、最終ターンで宇都宮ブリッツェンが抜き返し大久保陣の後方から青柳憲輝が抜け出し優勝。大久保も2位となり、最初から最後まで宇都宮ブリッツェンがチーム力と個人の力を見せ付けるレースに。
3月に開幕したJプロツアー全24戦が終了し、個人総合優勝は畑中勇介(Team UKYO)、個人総合U23優勝は新城雄大(那須ブラーゼン)、チーム総合優勝はTeam UKYOに決まった。

J Pro Tour Round 24 "2. JBCF Oita Art der Rest Criterium"
Datum 1. November 2015 (Sun)
Veranstaltungsort Oita Teich südlich one-chome 1 (JR Oita Station Süd) Ikoi herum
距離 P1:1.1kmx30 Woche = 33.0km
Ergebnis
P1 ク ラ ス タ 33.0km
1Platz Aoyagi KenTeru (Utsunomiya Blitzen) 40 Minuten 07 Sekunden
2Zeigen Okubo Team (Utsunomiya Blitzen)
3Bit hohlen Holz Kazushige (Team Ukyo)
4Zeigen Hayato Yoshida (Matrix Powertags)
5Zeigen Jose Vicente Toribio (Matrix Powertags)
6Zeigen Benjamin Puradesu (Matrix Powertags)

Jプロツアー年間総合J Pro-Tour-Jahr Gesamtpunktzahl
Einzelne Gesamtsieg
Hata in Yusuke (Team Ukyo)
Einzelne All U23 MeisterschaftMetro Yuta (Nasu bu ze ra ー nn)
Team den GesamtsiegTeam Ukyo

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟