日本自転车竞技连盟
2015/11/02

“第二届JBCF大分Ikoi公路绕圈的”从企业集团报告

终点宇都宫Blitzen是最后一轮,这是举行主动取胜是青柳KenTeru
年度总冠军是雄介灿和团队右京

3大分周期节在天举行!!!2015の最終日、11月1日はJR大分駅前のクリテリウム。Jプロツアー全24戦の最終戦が大分市中心市街地で華やかに行なわれた。コースはJR大分駅南側の公園を周回する1周1.1km。同時開催の「おおいたマルシェ」や「おおいたワールドフェスタ2015」などのイベントも手伝い多くの観客が自転車レースを楽しんだ。
JプロツアーのP1クラスタは予選2組計70名が決勝に進出。オープン参加で大分県出身の黒枝士揮(NIPPOヴィーニファンティーニ)と黒枝咲哉(鹿屋体育大)らも出走。レースは序盤から7名が出走の宇都宮ブリッツェンが先頭を固める。高速で牽引してアタックを許さない走りに対抗し、マトリックスパワータグとTeam UKYOが先頭に出るものの宇都宮ブリッツェンがふたたび先頭を奪い返し終盤へ向かう。
最終周回に土井雪広(Team UKYO)が同チームの窪木一茂を連れて先頭に出るが、最終ターンで宇都宮ブリッツェンが抜き返し大久保陣の後方から青柳憲輝が抜け出し優勝。大久保も2位となり、最初から最後まで宇都宮ブリッツェンがチーム力と個人の力を見せ付けるレースに。
3月に開幕したJプロツアー全24戦が終了し、個人総合優勝は畑中勇介(Team UKYO)、個人総合U23優勝は新城雄大(那須ブラーゼン)、チーム総合優勝はTeam UKYOに決まった。

j强化巡回赛24轮,“第二届JBCF大分休息绕圈的方式”
日期2015年11月1号(阳光)
地点大分,大分县池南一丁目1(JR大分站南)Ikoi周围方式
距离P1:1.1kmx30周=33.0km
结果
P1クラスタ33.0公里
1将青柳KenTeru(宇都宫Blitzen)40分钟07秒
2将大久保队(宇都宫Blitzen)
3位 洼木一茂(Team UKYO)
4将吉田隼人(矩阵外部变量)
5将何塞·比森特·托里维奥(矩阵外部变量)
6将本杰明Puradesu(矩阵外部变量)

Jプロツアー年間総合j强化巡回赛年度总比分
个人总成绩冠军
 畑中勇介(Team UKYO)
个人所有U23锦标赛 新城雄大(那须ブラーゼン)
团队的全面胜利团队右京

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟