日本自転车竞技连盟
2015/10/05

从企业集团“21 JBCF磐城市绕圈”的报告

洼木一茂球队右京完全胜利Kuboki的一成比赛连续两次在本地
第19回サイクルフェスティバル2015inいわき(いわき市体育協会主催)との共催で行われた第21回JBCFいわきクリテリウム。今年のコースはスタジアム周回がなく、ハイスピードの区間と直角コーナーが連続する狭い区間で構成される。P1クラスタは予選と敗者復活戦を経た40名が、1.2kmを47周する56.4kmの決勝へ進出。
レースは序盤からからTeam UKYO勢が前方を固めハイスピードで展開。時折りマトリックスパワータグや宇都宮ブリッツェンが攻撃して先頭に出るが続かず、Team UKYOが先頭を堅持する。終盤へ向けてもTeam UKYOが先頭を固め他チームのアタックを許さない。隊列の並びはTeam UKYO、矩阵外部变量、宇都宮ブリッツェンの順。フィニッシュ前は土井雪広(Team UKYO)が窪木一茂と畑中勇介をリードアウトし、窪木と畑中のワン・ツーフィニッシュ。窪木は出身地福島県で昨年に続いて2連勝を達成。

日付 2015年10月3日(土)、4日(日)
森林公园的场地磐城市,福岛县21世纪
距離 P1決勝:Lコース1.2km×47周=56.4km
 
结果
P1クラスタ
大号コース1.2公里×47周=56.4公里
1位洼木一茂(Team UKYO)1时间20分57秒
2位 畑中勇介(Team UKYO)
3将本杰明Puradesu(矩阵外部变量)
4将铃木真理(宇都宫Blitzen)
5地点平井荣一(京都市右京队)
6将青柳KenTeru(宇都宫Blitzen)02秒
j强化领队 畑中勇介(Team UKYO)
U23的领导者 新城雄大(那须ブラーゼン)

˚Fクラスタ小号コース0.91公里×35周=31.85公里
1地点冈本尼娜(Smita英世珍珠泉Rabanero)55分钟11秒
2位伊藤杏菜(卓比奥斯日本)
3位 合田佑美子(BH ASTIFO)
Ĵ女性领导者伊藤杏菜(卓比奥斯日本)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟