Auto Giappone da Zhuan League Athletic
  • HOME
  • ROAD
  • NOTIZIE
  • rapporto "3 ° JBCF Utsunomiya Criterium" dal gruppo di imprese
2016/03/22

rapporto "3 ° JBCF Utsunomiya Criterium" dal gruppo di imprese

jbcf_utsunomiya宇都宮ブリッツェン鈴木譲が地元での開幕戦を制する
2016年度のJプロツアーが、3回目となる宇都宮市清原工業団地でのクリテリウムで幕を開けた。本大会は昨年までと同様に、JBCFと宇都宮ブリッツェンの運営会社であるサイクルスポーツマネージメント株式会社との主催で行われた。会場は飲食ブースのほか、”弱虫ペダル”トークショーや子どもたちのランニングバイク大会、移動動物園なども催され、来場者は昨年の1万1000人を超える1万3000人を数えた。
レースは地元の宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼンそしてマトリックスパワータグ、Team UKYOらが主導権争いを演じる中、6周目に10名の逃げができる。宇都宮ブリッツェン3名、マトリックスパワータグ2名らで、いっぽうのメイン集団はチーム右京がおもに引く。タイム差は30秒ほどをキープしたまま15周目に10名の逃げが分裂し先頭は6人に。3名をそろえた宇都宮ブリッツェンが波状攻撃を仕掛けるがこのままでゴールスプリントへ。
ラスト180mの最終コーナーをアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)先頭で入部正太朗(シマノレーシング)そして鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)の順で立ち上がり、3番手の鈴木譲のスプリントが伸び優勝。30秒の差があったメイン集団も追い込み、ジョン・アベラストゥリ(Team UKYO)が5位に入った。宇都宮ブリッツェンは本大会3回目にして念願の地元での勝利を完璧な展開で手にした。

日付 2016年3月20日(日)
開催地 栃木県宇都宮市清原工業団地内
距離 周回3.0km×20周=60km
主催 JBCF、サイクルスポーツマネージメント(株)

Jプロツアー(JPT)
結果 Pクラスタ 60km

1位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)1時間20分20秒
2位 入部正太朗(シマノレーシング)
3位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
4Luogo nariyuki Masuda (Utsunomiya Blitzen)
5位 ジョン・アベラストゥリ(Team UKYO)+01秒
6位 福田真平(愛三工業レーシングチーム)+02秒
J Pro Tour leader 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)
Leader U23 田窪賢次(マトリックスパワータグ)

Jフェミニンツアー(JFT)
結果 F 33km

1位 吉川美穂(Live GARDEN BICI STELLE)37分50秒
2位 針谷千紗子(Live GARDEN BICI STELLE)
3位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)+01秒
J capo femminile 吉川美穂(Live GARDEN BICI STELLE)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟