Japan Auto vom Zhuan Athletic League
2015/04/19

Bericht "4. JBCF Zeitfahren Nanki Shirahama" aus Unternehmensgruppe

jbcf_shirahamaDie Eröffnung der "Team Ukyo wütend Wellen 3 gewinnt gerade Nasu Burazen、Utsunomiya Blitzen wird, gefolgt von "
Spieler individuelle Leistung und zum ersten Mal das Ergebnis aus dem Team-Zeitfahren in Masche ist Teamarbeit。Kurs ist eine perfekte Gerade die alte Start- und Landebahn mit、Gefaltet und lose Erleichterung und lief unter Berücksichtigung des Windes den ganzen Tag zu halten weht erforderlich。20km P-Cluster zu 10 Runden 1 Runde 2.0km、3. Es ist der Rekord der Mannschaft in der Teamorganisation von drei bis sechs。
3チームが1分差でスタートする方式で6組、計18チームがエントリー。5組目先頭スタートの那須ブラーゼンが平均時速47.88kmで走りきり、それまでの記録を1分以上縮める25分03秒を記録。残るは最終組の3チーム。それぞれが好ラップを刻んでいくが、終盤まで6人体制を崩さず走ったTeam UKYOが那須ブラーゼンを1秒上回る25分02秒でフィニッシュ。同チームは開幕からの3連覇を達成した。

Jプロツアー第3戦『第4回JBCFタイムトライアル南紀白浜』
日付 2015年4月18日
会場 和歌山県西牟婁郡白浜町 旧南紀白浜空港跡地
距離 1周2.0km(滑走路周回)×10周(P1)

[J Pro Tour]
結果 Pクラスタ 20.0km
1位 Team UKYO 25分02秒55
2位 那須ブラーゼン +01秒
3位 宇都宮ブリッツェン +08秒
4位 マトリックスパワータグ +13秒
5位 イナーメ信濃山形 +1分04秒
6位 レモネードベルマーレレーシングチーム +1分11秒
Jプロツアーリーダー パブロ・ウルタスン(Team UKYO)
U23 Führer AmeSawa Takeaki (Nasu Burazen)

[J feminine Tour]
結果 F 4.0km
1位 伊藤杏菜(Champion System Japan)5分45秒53
2位 吉川美穂(ASAHI MUUR ZERO)+04秒
3位 豊岡英子(パナソニックレディース)+06秒
Jフェミニンリーダー 伊藤杏菜(Champion System Japan)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟