日本自転车竞技连盟
2015/08/10

从企业集团“第46届东JBCF轨道”报告

個人パーシュートの窪木洼木一茂、2種目で実業団新記録
窪木一茂(Team UKYO)が、1千米、4kmで全日本実業団記録を樹立、ポイントレースでも優勝し、第1戦『西日本トラック』に続き3冠を達成した。橋本凌甫(マトリックスパワータグ)もケイリンとスプリントで第1戦に続き2冠達成。スクラッチではレモネードベルマーレレーシングチームの選手兼任監督、宮澤崇史が優勝、団体種目では、全日本個人TTチャンピオン中村龍太郎を擁するイナーメ信濃山形が圧勝した。
次戦『第46回 JBCF 日本トラックチャンピオンシップ」は、11月15日、場所は同じく伊豆ベロドロームで行われる。

JBCF卡车系列第2回合,“第46届东JBCF轨道”
日期2015年8月9日(星期日)
地点伊豆,静冈县伊豆Berodoromu /室内板材250米轨道
结果
男子竞速
1桥本地方RyoHajime(矩阵外部变量)
2地方森田时代(天狗党)
3位 亀山 尊仁(湘南爱轮会)
4位中川総一郎(SUPER-K运动员LAB)。
5地方森林RyuHiro(团队Cheburo)
6庆地方齐藤(团队Logisty杰克)

男子1公里计时
1地方Kuboki一成(京都市右京队)1:05.154 ※全日本実業団新記録、東日本実業団新記録
2桥本地方RyoHajime(矩阵外部变量)1:06.305
3萨拉亚广场富(山形县信浓INAME)1:06.939
4渡边广场正面光(LinkTOHOKU) 1:07.156
5将武市文吹(队报宇车队)1:08.095
6地方川洋一(队Cheburo)1:08.259

男子4公里INDIVI双重追求
1地方Kuboki一成(京都市右京队) 4:33.381 ※全日本実業団新記録、東日本実業団新記録
2渡边广场正面光(LinkTOHOKU) 4:45.765
3索尔兹伯里广场保罗(山形县信浓INAME)4:51.913
4将山田大辅(Smita英世珍珠泉Rabanero)4:53.132
5位山崎润(团队Logisty杰克) 4:58.736
6位柳泽正(团队Logisty杰克) 4:58.876

男子少年3公里INDIVI双重追求
1盐崎地方Hayabusashu(队格罗斯沙)3:50.910

男子凯林赛
1桥本地方RyoHajime(矩阵外部变量)
2将宫泽崇(柠檬水贝尔马尔赛车队)
3位大村庆二(团队Logisty杰克)
4位小林清仁(航空电子自転车竞技部)
5地方森林RyuHiro(团队Cheburo)
6地方水泽幸一(Smita英世珍珠泉Rabanero)

男子划痕 - (10公里)
1将宫泽崇(柠檬水贝尔马尔赛车队)12:41.05
2高桥广场ShinNaru(FIETS GROEN日本机器人)
3木村拓哉放置小清水(柠檬水贝尔马尔赛车队)
4将金井我真司(静冈燃气和电力将开始销售)
5内山广场正隆(Bonshansu)
6中里的地方仁(柠檬水贝尔马尔赛车队)

男子记分赛(30公里)
1位洼木一茂(京都市右京队)45P
2广场中村龙太郎(山形县信浓INAME)30P
3将山田大辅(Smita英世珍珠泉Rabanero)20P
4高桥广场ShinNaru(FIETS GROEN日本机器人)8P
5将山口忠(VICTOIRE Shimanami)3P
6北泽广场龙太郎(INAME信浓山形-EFT)3P

男子团体追逐
1位 イナーメ信濃山形(北澤竜太郎、SALISBURY Paul、皿屋 豊、中村龍太郎)4:30.821

男子团体竞速
1位 イナーメ信濃山形(皿屋 豊、中村龍太郎、武田 秀明)49.120
2位 Team Logisty Jack(山崎 潤、斉藤 慶尚、大村 慶二)50.177
3位 チーム・チェブロ(林 竜広、河上 陽一、高橋 仁)51.188

女子500米计时赛
1冈本放置两杆上果岭(Smita英世珍珠泉Rabanero)38.571
2位和地恵美(SUPER-K运动员LAB)40.093
3将由香中里(VICTOIRE Shimanami)41.989

女子3公里INDIVI双重追求
1位和地恵美(SUPER-K运动员LAB)4:14.273

女子短期2公里INDIVI双重追求
1平尾的地方艾娜(箕浦大垣赛车)2:56.933

女子凯林赛
1冈本放置两杆上果岭(Smita英世珍珠泉Rabanero)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟