Japan car from Zhuan Athletic League
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • "The 50th JBCF East Road Classic Minamiuonuma tournament" report from business group
2016/10/17

"The 50th JBCF East Road Classic Minamiuonuma tournament" report from business group

Benjami-Puradesu Wins up game。Consecutive Following the last year、But three consecutive as Puradesu brotherBenjami-Puradesu is Minamiuonuma consecutive achieved in up sprint
East load of race rating AA to count the 50th in this year、It was carried out at a distance 122km on the second day of the Two In One target tournament in Niigata Prefecture Minamiuonuma。Course is one lap 12km over the same Sakurigawa (Sagurigawa) dam dam and the dam lake and the first day、Yes up of distance 2km altitude difference 140m is one place other is approximately flat、And finish point is on the up top。
10周回のレースは1周目からオスカル・プジョル(Team UKYO)がハイペースで上ると5人の逃げができる。のちに3人となる逃げはメイン集団と最大3分弱まで差をつける。しかしメイン集団も追い上げ、ラスト2周で単独となっていたプジョルを吸収しカウンターでTeam UKYO3人を含む5人の逃げができる。この5人による上り勝負となり、ラスト250mでアタックした雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)をベンジャミ・プラデス(Team UKYO)がかわして昨年に続いて連覇を達成した。
13位となったホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)はJプロツアーリーダーを、上位に多数が入ったチーム右京がチーム総合1位をキープした。3月の宇都宮クリテリウムで開幕したJプロツアーも、10月29、30日の大分連戦を残すのみとなった。

Jプロツアー第21戦『第50回 JBCF 東日本ロードクラシック南魚沼大会』
日付 2016年10月16日(日)
会場 新潟県南魚沼市清水瀬 三国川ダム特設コース
距離 2km+12km×10周=122km
結果 P1クラスタ 122km
1位 ベンジャミ・プラデス(Team UKYO)3時間08分16秒
2位 トマ・ルバ(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)+01秒
3位 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)
4位 サルバドール・グアルディオラ(Team UKYO)+17秒
5位 オスカル・プジョル(Team UKYO)+23秒
6位 畑中勇介(Team UKYO)+2分01秒
J Pro Tour leader ホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)
U23 leader 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)

Jフェミニンツアー(JFT)
Fクラスタはダムへの上りが4回となる3周+2kmの38kmでレースが行われた。スタート後から唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が先頭に立ちペースを作る。上り区間で福田咲絵(慶応義塾大学自転車競技部)と針谷千紗子(Live GARDEN BICI STELLE)が食らいつくが、早くも1回目の上りで唐見は独走を開始。2位以下に大差をつけ圧勝した。

結果 Fクラスタ 38km
1位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)1時間10分08秒
2位 福田咲絵(慶応義塾大学自転車競技部)+3分39秒
3位 針谷千紗子(Live GARDEN BICI STELLE)+4分32秒
Jフェミニンツアーリーダー 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)

Photos and statements:JBCF general corporate social Tuan Tuan industry from all over Japan Mika Zhuan vehicle Athletic League