Japon voiture de Zhuan Athletic League
2014/10/13

Rapport "7ème JBCF Wajima de course sur route" du groupe d'affaires

jbcf_wajima【Jプロツアー】「アイラン・フェルナンデスが逃げ切り 3勝目のマトリックスパワータグ」
今年は好天に恵まれた輪島大会。1周目から逃げ続けた先頭集団がそのまま逃げ切り、アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)が3人のスプリントを制し優勝。
輪島のコースは大きな上りが2箇所ある周回をこなすもの。登坂力のあることが優勝するための基本条件。レースレイティングもAAと2番目に高く、僅差で繰り広げられる年間総合成績の個人とチームの両方に大きく影響するレース。
昨年大会は悪天候で中止となり2年ぶりの開催となった今年。前日に行なわれたアトラクションや交流会、そしてレース当日もコース沿いにたくさんの観客が。P1クラスタは午前11時50分にスタート、総持寺祖院門前などをパレード走行した集団は周回コースへ。
1周目後半の下りで佐野淳哉(那須ブラーゼン)が抜け出し、ここにフェルナンデス、そして木村圭佑(シマノレーシング)が合流、2周目前半の上りで森本誠(イナーメ信濃山形)が追いつき4人の逃げに。その後に佐野が脱落し先頭は3人に。
メイン集団はJプロツアー個人総合リーダーを抱えるチーム右京が主導、チーム総合トップの宇都宮ブリッツェンとの間でペースアップと牽制を繰り返す。先頭とのタイム差は20秒ほどに縮まる場面もあったが追いつくことなく、ラスト1周の時点でその差は1分40秒で、逃げ切りの可能性が高まる。
3人でのゴールスプリントをスピードに定評のあるフェルナンデスが制し、マトリックスパワータグは今シーズンJプロツアー3勝目を挙げた。年間個人総合リーダーとチーム総合トップは変わらず残り3戦へ向かう。

日付 2014年10月12日
Autour de la salle, la préfecture d'Ishikawa Wajima temple de la ville
距離 P1:12.6kmx7周+0.4km=88.6km
Résultat
P1クラスタ 88.6km
1位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)2時間37分41秒
2Lieu Kimura Keisuke (Shimano Racing)
3位 森本誠(イナーメ信濃山形)
4位 ベンジャミン・プラデス(マトリックスパワータグ)+41秒
5位 入部正太朗(シマノレーシング)+53秒
6位 エドワード・プラデス(マトリックスパワータグ)
Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(TeamUKYO)
U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン)

Fクラスタ 25.6km
1位 智野真央(NEILPRYDE-MENS CLUB JFT)55分49秒
2位 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)
3位 高田由貴(ZIPPY CYCLE CLUB)

Photos et déclarations:JBCF générale All Japan Business Group Cycling Federation