日本自転車競技連盟
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • 平成25年度全国高等学校選抜ロードレース<レポート>
2014/03/26

平成25年度全国高等学校選抜ロードレース<レポート>

最終ラップの橋詰平成25年度全国高等学校選抜自転車競技大会ロードレースが熊本県山鹿市内の11.5kmの周回コースで行なわれ、男子はこのコースを7周する80.5km、女子は3周の34.5kmで争われた。
レースは1周目の登りで石上優大(横浜高校)と小山貴大(前橋育英高校)が抜け出し、集団に15秒から20秒の差をつける。集団もペースを上げて、2周目にはまた1つの集団になる。3周目に入り集団は落ち着きをみせるがすでに40名も残っていない。
4周目から6周目は登り区間の得意な選手が抜け出す形で動くが、集団は大きく崩れず、登りで分断されても下りと平坦でまた1つになるというのを繰り返して20名にまで人数を減らしながら周回をこなしていく。
ラスト1周の登りでは石上の登りのペースアップでばらけたところから橋詰丈(昭和第一学園高校)が攻撃をかけてそのまま独走で優勝。2位争いは、北桑田高校の孫崎大樹(北桑田高校)と日出暘谷高校の高橋優斗(日出暘谷・日出総合高校)が激しく競り合うが孫崎が先着した。
女子は男子と同じコースを3周回で争われた。1周目の登りで梶原悠未(筑波大坂戸高校1年)が攻撃をかけると、中井彩子(日向高校)が反応する。ただトラック種目において個人追い抜き、スクラッチで圧勝している梶原のスピードは抜きんでており、すぐに独走が始まる。そのまま集団とのタイム差を拡げ続け優勝。2位以下の選手に力の差を見せつける走りをみせた。(ロード部会 柿木 孝之)

平成25年度全国高等学校選抜自転車競技大会
ロードレース男子 結果
1 橋詰  丈(昭和第一学園高校)2時間3分51秒
2 孫崎 大樹(北桑田高校)12秒差
3 高橋 優斗(日出暘谷・日出総合高校)同タイム

ロードレース女子 結果
1 梶原 悠未(筑波大坂戸高校)1時間2分6秒
2 鈴木 奈央(星陵高校)1分52秒差
3 大谷 杏奈(桜丘高校)同タイム