日本自転车竞技连盟
2015/11/15

第二届少年轨道营(3日)的报告

1090957朝から雨模様の伊豆ベロドロームでは、全天候型の恩恵によりトレーニングキャンプは予定通りにトレーニングスケジュールを進めている。キャンプでは短距離と中距離に分けてトレーニングが組まれるが、成長著しいジュニアでは種目固定が難しく、資質のある選手には種別を超えてトライしている。短距離並みのスピードを要求されるチームパーシュートでは短距離希望の選手からも走れる選手をコンバートし、高速走行を体験している。
1090953また3日目は、スキルトレーニングとして250m走路の特性を実感してもらうため、種目別練習を実施した。選手たちは大会・試合以外でベロドロームを走ることは皆無に等しく、短距離はスプリント対戦ではスタートの位置からスプリント体制に入るまでを繰り返して行った。中距離はオムニアムを想定し、フライングラップやチームパーシュート練習を行った。16日最終日までには次回キャンプ参加者やアジア選手権選考が行われる。(折本 裕樹)

(参考文献记录节选)
男子短距离F100m 中岛5秒69 治田5秒58 伊藤5秒48 福永5秒58 
妇女的内村6秒19细谷佳6秒27松本6秒50

男子中距离F2000m(临时成员)泽田今村田川-Higashiya2分钟0秒61
女子石井,小林石髙村,根岸2分钟28秒05

(1天流)
 6:00 起床
 6:30 ウォーキング
 7:00 朝食
 8:30 補強アップ
 9:00 走路アップ
 9:50 スキルトレーニング
短期冲刺竞赛的实践
中飞驰圈的做法
12:00 昼食
14:30 補強アップ
15:00 走路アップ
15:50 中 チームパーシュート練習
短フライング百米·250米
18:30 入浴
19:00 夕食
19:50 ミーティング
20:00 講義研修(1h)
22:00 消灯