Japan car from Zhuan Athletic League
2017/01/16

4th JCF Junior training camp (track)

Junior training camp went into the second half。For training camp 3 day tournament held、Morning weight training、In the afternoon, a short distance team Japan Keirin School 333m runway、Middle and long distance team was carried out each one with a 1km circuit training。4Japan eyes am、TP in Berodoromu both afternoon、It was performed about the TS training。
Implement the load training that does not use the active warm-up and the instrument in accordance with Kenji Nagatomo coach in weight training。These movements spread the joint range of motion、Also, it raises the body temperature and muscle temperature,Short is effective in improving the neurological function given muscle stimulation。Those should be mastered as an effective method when the time of the warm-up is not taken enough at the convention venue。小清水孝子先生による栄養講習では、海外遠征での生活や食事のことについてレクチャーいただいた。海外遠征に不慣れな者も多く、開催国であるインドの食事や衛生事情を考慮し、携行した方がよい食品やレース当日の食事や補食の摂り方についてアドバイスいただいた。選手が勝利に近づくために、ウエイトトレーニングも食事もしなければならない最善の努力である。Also、食事や衛生管理には細心の注意を払い、最悪の事態は避けなくてはならない。選手たちに望まれるのはベストの状態でスタートラインにつき、力のすべてを出し切ることだ。そのためには、問題を想定し最善の準備をすること、変化する状況を判断し臨機応変に対応することなど自らの知力を最大限活用できる選手を期待されるのだ。(ジュニア強化支援スタッフ 河田拓也)