日本自転车竞技连盟
2017/01/16

第四JCF少年训练营(轨道)

少年训练营进入下半场。培训3号营地天的比赛举行、上午重量训练、当天下午,在短距离日本队凯林赛学校333米跑道、中长跑队进行每一个有一公里电路培训。4日本的目光是、TP在Berodoromu下午都、它是对TS进行培训。
实现不使用活动的预热和仪器按照长友健司在教练重量训练的负荷训练。这些运动蔓延关节活动度、此外,它提高了体温和肌肉温度,短期是有效改善神经功能给肌肉刺激。这些应掌握作为一个有效的方法时在会展场地没有采取足够的热身时间。小清水孝子先生による栄養講習では、海外遠征での生活や食事のことについてレクチャーいただいた。海外遠征に不慣れな者も多く、開催国であるインドの食事や衛生事情を考慮し、携行した方がよい食品やレース当日の食事や補食の摂り方についてアドバイスいただいた。選手が勝利に近づくために、ウエイトトレーニングも食事もしなければならない最善の努力である。还、食事や衛生管理には細心の注意を払い、最悪の事態は避けなくてはならない。選手たちに望まれるのはベストの状態でスタートラインにつき、力のすべてを出し切ることだ。そのためには、問題を想定し最善の準備をすること、変化する状況を判断し臨機応変に対応することなど自らの知力を最大限活用できる選手を期待されるのだ。(ジュニア強化支援スタッフ 河田拓也)