Japan car from Zhuan Athletic League
2010/03/29

2010JBMXF Japan Series opener

Fujiwara Kaito elite class first win!
2010 年度のジャパンシリーズが伊豆修善寺の日本サイクルスポーツセンターBMX コースで開幕いたしました。昨年までのスーパークラスから名称を改めた最高峰のエリートクラスで藤原海渡(MBK/OGK/DRAGON)が優勝いたしました。
サイクルスポーツセンターのビッグイベント「サイクリングジャム’10」(http://www.cjam.jp)の
なかで行われた開幕戦には、のべ132 名のライダーがエントリー。昨年スーパーシリーズのみのレースが開催されたこのコースは、国内では最も大きな6 メートル高さのスタートヒルをもち、全クラスでレースが開催されるのは今季が初めてとなります。
日本全国から集まった5 歳から47 歳のライダーにより、各クラスで熱戦が繰り広げられました。国内最高峰のライダーが終結するエリートクラスでは、予選を勝ち抜いた8 名のライダーが決勝レースに出走。スタートから飛び出した大阪の吉村樹希敢を、岡山の高橋堅太が追う展開となりましたが、第1コーナーのトップ争による接触で双方とも転倒。3 位につけていた藤原が前方のアクシデントを回避すると、ゴールまで首位を守り切りエリートクラス初優勝を手にしました。