Japan Auto vom Zhuan Athletic League
2014/08/21

2014Für das Jahr der Herrschaft Revision UCI

2014Jahr im April oder später,Es wurde überarbeitet, wie die Anlage in UCI-Regeln.
In Japan,Obwohl bereits in den internationalen Wettbewerben wir diese Regeln gelten müssen,Überarbeitete Fassung des JCF Regeln, die diese Änderungen reflektieren ist das Stadium der unveröffentlicht. Hingegen,Da es wichtig ist für Sportler Herren versuchen, Welt zu werden vertraut schnell von internationalen Regeln,Bitte Förderung der Betrieb in Übereinstimmung mit den UCI-Regeln auch in der heimischen Konkurrenz.
In diesem Fall,Achten Sie darauf, ausdrücklich die geltenden Vorschriften in der Ausschreibung,Bitte wachsam sein, auch in der Turnierkomm dergleichen.
Da es insbesondere deutlich in der Spur Rennen überarbeitet,以下に要点を示します:
【スプリント】
トーナメントの方式が,ワールドカップと世界選手権大会において統一されました.
【チーム・パーシュートおよびチーム・スプリント】
スタート時は,横一線に並ばなければなりません.斜め 45ºの並び方はなくなりました.
側方間隔は,チーム・パーシュートは 1m,チーム・スプリントは 1.5m です.
【オムニアム】
2日間で6競技を行なうことは変わりありませんが,順序が変更されました:
新 ← 旧
1 スクラッチ・レース ← フライング・ラップ
2 インディヴィデュアル・パーシュート ← ポイント・レース
3 エリミネイション ← エリミネイション
4 タイム・トライアル ← インディヴィデュアル・パーシュート
5 フライング・ラップ ← スクラッチ・レース
6 ポイント・レース ← タイム・トライアル
最終競技のポイント・レースの距離が長くなりました.
最初の5競技は個々にリザルトを作成し,1位=40点,2位=38点,3位=36点,以下同様に点を与えます.
最後のポイント・レースは,それまでの合計得点を持って開始します.ラップの獲得,遅れ,中間スプリントにより加点,減点され,最多得点者がオムニアムの優勝者となります.
棄権競技者は,最終順位において最下位得点競技者の下位に,「DNF」として記録されます.
エリミネイション以外で除外された競技者は総合点において40点減点されます.
スクラッチ・レースにおいて完走できなかった競技者は1点を与えられます.
最終順位において同点の場合,ポイント・レースの最終スプリントの順位で決定します.