日本自転车竞技连盟
2014/03/04

2014对于奖励基金会日本体育仲裁机构,这是在二月宣布28年的

昨年7月20日に行なわれた第26回全日本マウンテンバイク選手権大会・クロスカントリ女子競技における降格処分を不服として,その取消等を求めてなされた申立てに対する「仲裁判断」について,当連盟として真摯に受け止めるものです.
この仲裁判断は,大会において申立人に対してなされた降格処分を取消し,申立人のその余の請求(優勝者とすること)は却下するものでした.これを受けて,判断の内容を精査するとともに,競技の実情を調査し,その結果をふまえて,競技規則の明確化などをも含め,対応を検討してまいります.
修正リザルトの発表には,改めてコミセール・パネルを招集し決定を行なう必要がありますので,しばらくお待ちいただきたいと存じます.