日本自転车竞技连盟
2015/08/17

2015少年田径世锦赛报告

バンク内で8月15日成田を出発した選手団は、イスタンブール空港でWCCトレーニング中の女子選手2名と合流し、午前4時に現地入りした。自転車を競技場へ格納し宿舎に到着した。
競技場と空港間は車で約30分、宿舎間は10分とアクセスは良い。移動間の疲労回復のため、午前中は休養を取り夕方の指定練習からトレーニングを行った。カザフスタン・アスタナは夜間、気温10度、日中には30度を超え寒暖差が厳しい、还、競技場内湿度20%と乾燥している。選手は体調不良者も出ず予定のスケジュールをこなしている。
本年は32か国、232名が参加する模様である。(JCFジュニア強化育成部会長 折本裕樹)