Japan Auto vom Zhuan Athletic League
2015/08/13

2015Juniorleichtathletik-Weltmeisterschaft (kurz vor Trainingslager Bericht)

金井ドクター10日から始まった合宿も終盤を迎えた。最終的な種目選考と課題克服、毎日、実技・講義研修も取り入れ充実している。
金井ドクターによるストレス・睡眠等に関する内容や、永友ストレングスコーチからは走路を使用しないウォーミングアップ、ウエイト指導などが行われた。
Außerdem、本日選手に出場予定種目が発表され、選手の士気は高まった。合宿2日目には男子チームパーシュート練習F2000mで52×14のギアで1分58秒台の好タイム、4kmの測定ではチームワークを乱しながらも手時計ながら4分14秒台を記録した。
短距離選手は200mハロン梶原10秒8、山根10秒7であった。
女子チームパーシュートも好調で、梶原悠未選手を欠く中、設定タイムを男子選手が代役を果たし4分42秒台まで調子を上げた。
選手団は明日午後、成田へ移動して出発に備える。

出場予定種目は以下の通り。
(Männer)
Kajiwara Erde Sprint Keirin-Team-Sprint
Yamane Shota Sprint Keirin-Team-Sprint
Sawada KatsuraTaro Omuniamu Teamsprint Mannschaftsverfolgung
Yaskawa Yoshimichi Indivi dual Verfolgung Mannschaftsverfolgung
Tokuda Takumi 1 km Zeitfahren Indivi dual Verfolgung
Mannschaftsverfolgung
Imamura Shunsuke Punkt Rennteam Verfolgung
Yamashita Shohei kratz
(Women)
Suzuki Nao Omuniamu Teamsprint Mannschaftsverfolgung
Kajiwara Yuumi Punkt Rennen Indivi dual Verfolgung Mannschaftsverfolgung
Okubo Karin Sprint Keirin · 500m Zeitfahren, Teamsprint
Hashimoto Yuya kratzMannschaftsVerfolgung
Koyama Maleat Indivi dual Verfolgung Mannschaftsverfolgung
warmupTS