日本自転車競技連盟
  • HOME
  • BMX
  • NEWS
  • 2015年BMXアジア選手権 ミャンマー大会 報告
2015/10/31

2015年BMXアジア選手権 ミャンマー大会 報告

長迫10月31日(土曜日)ミャンマー・ネピドーにて、2015年アジア選手権大会が開催され、日本からは男女総勢9名が参戦しました。
本大会の決戦の場となったのは、2年前の東南アジア競技大会開催へ向けて建設された、ミャンマー初のBMXレースコースでした。
天候には恵まれ猛暑は避けられたものの、アジア特有の路面コンディションや、フラットコーナーなどにより、今回も決して楽な戦いではありませんでした。
昨年表彰台を独占した男子エリートクラスには5名の日本人選手が参加し、5名が全員が決勝へ進出。
決勝は長迫吉拓選手が終始トップをリードし、2年連続の優勝を決めました。
2位に吉村樹希敢選手、3位には松下巽選手が入り、昨年に続き日本チームが表彰台を独占しました。
山口男子ジュニアエリートはアジア選手権初参戦の山口大地選手が、予選から1度も前を譲らず初のアジアタイトルを獲得しました。 準優勝は長谷川湧斗選手が入り、日本勢1−2フィニッシュとなりました。
女子エリートには2名の日本人選手が参戦し、昨年ジュニアカテゴリーで優勝し、エリートカテゴリへあがった瀬古遥加選手は3位入賞をはたしました。 飯端美樹選手は決勝へ進出し6位でレースを終えました。
男子カテゴリーでのタイトル死守や、リオ五輪国別参加枠獲得に向けたUCIポイントを獲得できたことはプラスの結果となりました。
今後もアジアのBMXレースカテゴリーを引っ張る代表国として、来シーズンに向けた準備を進めていきますので、引き続き応援宜しくお願い致します。
たくさんのご声援ありがとうございました。

EliteMen表彰式日本人選手リザルト
【男子エリート】

優 勝 長迫 吉拓(岡山・MXインターナショナル)
準優勝 吉村樹希敢(大阪・CREDIT Racing)
3位   松下  巽(神奈川・早稲田大学大学院)
5位   吉井 康平(東京・MXインターナショナル)
7位   三瓶 貴公(神奈川・サイバー大学)

【男子ジュニアエリート】
優 勝 山口 大地(新潟・Yess Factory Team)
準優勝 長谷川湧斗(茨城・常磐大学高等学校)

【女子エリート】
3位   瀬古 遥加(三重・至学館大学)
6位   飯端 美樹(大阪・MXインターナショナル)