Japan car from Zhuan Athletic League
2016/10/19

2016World Championship road race <Elite Men> reports

Before the start of Beppu Metropolitan Xincheng2 weeks than usual slow the Middle East and West Asia countries、This year's world championship road race, which was held in Qatar。Not only the circuit course, which is special to the development area of ​​the current Doha suburbs that have been adopted in each category、Elite class which runs a large-scale outer periphery course in the first half of、Similar to the Tour of Qatar, which has been held every year、It has an influence in the wind is the most race blows to the flat desert、Unlike the nature of all race and other categories that can be preserved in the population、Intuition of race、It is necessary to attack technology in the explosive speed and group travel。Major countries are participating elect the players and ace sprinter of flat speed power system according to the annual representative members and berth of the difference 6-9 people is、For 3 people frame the Japanese team is given、Taking into account the peculiarities of the race on superimposed controversial、We started off the race to elect the only Xincheng and two people of Beppu, which may be adapted。
レースは序盤スローペースの中、主要国外の7名が飛び出し、僅か40㎞地点では10分以上先行する状況となる。しかし風向きが変わる72㎞地点で集団は一気に加速しいくつものグループに分断される。先頭グループはイギリス、Belgium、オランダを主体に25名前後に絞られ時速60㎞/h前後の高速で周回コースへと進む中、新城と別府は数十秒遅れの間隔で追いかける第2グループに位置。約150㎞を走り周回コースへ入る頃には、丁度逃げグループを吸収し30名ほどになった先頭グループと新城が残る後続グループの差は1分以上になり、別府は第2グループの分断により約2分遅れの第3グループに後退。周回コースでは5名を乗せたベルギーを中心に、有力選手とその牽引役を多数有する先頭グループがペースをコントロールし第2グループの追い上げを完全に封じ込め、優勝争いは先頭グループでのスプリント勝負となりスロバキアのサガンが先着し2年連続の世界チャンピオンとなった。新城は第2グループで35位、別府は大きな第3集団に位置していたが審判判断でラスト30㎞を残しグループごとレースから除外され途中棄権となった。197人が出走した丘ひとつ無い平坦レースながら完走は僅か53人という厳しいレースで、特に中盤の殺し合いのような展開の中、日本を代表し9名体勢の主力国らの隙間をこじ開け前方で展開し奮闘した新城と別府であったが、同じく少数体勢で参加し、先頭グループに残り優勝したスロバキアのサガンのようには行かなかった。来年の世界選手権は北欧のノルウェーで開催される。厳しい山岳コースではないが、短い登り坂でのパワーと反復持久力、そして雨や気温の低下など、急激な気象状況の変化に対応できる準備が必要となる。(Sensible Asada)

2016世界選手権ロードレース 男子エリート
日時:2016年10月16日
場所:カタール・ドーハ
Distance:257.3㎞
Race Results:
1 Peter SAGAN (Slovakia)5h40m43s
2 Mark CAVEDISH(イギリス)+0s
3 Tom BOONEN(ベルギー)+0s
…35 新城幸也+5m26s、別府史之は途中棄権